Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

旅する劇場 流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾「新宿オペラ『由比正雪』」ビジュアル

流山児★事務所の35周年記念公演第1弾は、唐十郎「新宿オペラ『由比正雪』」

ナタリー

19/3/30(土) 15:10

旅する劇場 流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾「新宿オペラ『由比正雪』」が、6月22日から30日に東京・Space早稲田にて上演される。

本作は、江戸時代の軍学者・由比正雪を描いた唐十郎の時代劇。1968年の状況劇場での公演の様子は、大島渚監督「新宿泥棒日記」にも使用されるなど人気を博した。同作を、流山児祥率いる流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾としてSpace早稲田にて上演する。

上演に向けて流山児は「僕の原点は唐十郎です。社会と演劇がギリギリのところでせめぎあっていた1968年、21歳の状況劇場研究生の時、僕が目撃・体験したモノは一体何だったのか、紅テントは何故、この作品で新宿を追われたのか? 50年前の演劇的原点=『由比正雪』に挑みます」と意気込みを述べている。

なお6月1日にはスペシャルイベントとして、「大久保鷹・流山児祥と歩く『由比正雪』史跡」、「映画『新宿泥棒日記』上映会」が実施される。

流山児祥コメント

今年、創立35周年を迎える流山児★事務所。記念公演第一弾に選んだのは、唐十郎、唯一の時代劇「由比正雪」。学生運動に揺れる1968年、状況劇場の研究生だった流山児祥が大きな衝撃を受けた作品だ。「唐さんに初めて会ったのは『由比正雪』の公演初日。入団テストは赤い鼻緒の下駄を10個揃える事だった。その日、僕は白塗りをして紅テントの舞台に立った。」

僕の原点は唐十郎です。社会と演劇がギリギリのところでせめぎあっていた1968年、21歳の状況劇場研究生の時、僕が目撃・体験したモノは一体何だったのか、紅テントは何故、この作品で新宿を追われたのか? 50年前の演劇的原点=「由比正雪」に挑みます。由比正雪は江戸時代に五千人もの浪人を動かし幕府転覆を企てた実在の人物。世間から落ちこぼれ行き場を失った浪人たちは、江戸の格差社会の落とし子です。社会の最下層でうごめく浪人たちが、後先考えず互いを罵倒し「大討論」を繰り広げます。無名ゆえのエネルギーに溢れていて非常に面白い歌入り青春革命時代劇。まだ何者でもない者たちが何者かになろうと無軌道に突っ走る「由比正雪」。唐十郎の初期の代表作、幻の名作と呼ばれている「由比正雪」、ぜひご覧ください。

旅する劇場 流山児★事務所 創立35周年記念公演第1弾「新宿オペラ『由比正雪』」

2019年6月22日(土)~30日(日)
東京都 Space早稲田

作:唐十郎
演出:流山児祥
出演:伊藤弘子、井村タカオ、上田和弘、谷宗和、イワヲ、甲津拓平、里美和彦、平野直美、山下直哉、山丸莉菜、星美咲、春はるか、V・銀太、流山児祥

アプリで読む