Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Helsinki-filmi Oy, 2017

フレディにも影響、ゲイアート先駆者描く映画『トム・オブ・フィンランド』

CINRA.NET

19/4/22(月) 13:22

映画『トム・オブ・フィンランド』が、8月2日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

同作は、フレディ・マーキュリーをはじめ、アンディ・ウォーホル、ロバート・メイプルソープ、デイヴィッド・ホックニー、ジャン=ポール・ゴルチエ、トム・フォードらに影響を与え、ゲイアートの先駆者とされる「トム・オブ・フィンランド」ことトウコ・ラークソネンを題材とした作品。同性愛が厳しく罰せられた第二次世界大戦後のフィンランドを舞台に、トウコ・ラークソネンが本名から海外でも覚えやすい「トム」と名乗り、描いた絵がアメリカの雑誌で表紙を飾ったことをきっかけに、その名がアンダーグラウンドからアートの表舞台に知れ渡り栄光を手にするまでの半生を描く。

監督を務めたのは、同作が『第90回アカデミー賞』外国語映画部門フィンランド代表に選出され、今夏にはJ・R・R・トールキンの伝記映画『TOLKIEN(原題)』の公開を控えるドメ・カルコスキ。出演者にはペッカ・ストラング、ジェシカ・グラボウスキー、ラウリ・ティルカネンが名を連ねる。

アプリで読む