Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

never young beach、緩急自在の演奏で初のホールツアー締めくくる

ナタリー

19/6/2(日) 11:35

never young beachの初のホールツアー「never young beach HALL TOUR 2019 “STORY”」が5月29日に東京・NHKホールでファイナルを迎えた。

客電が落ちると、オープニングSEとして最新アルバム「STORY」の収録曲「Opening」が場内に大音量で鳴り響く。軽快なサウンドと共にアイクぬわら(超新塾)がラジオDJ風に英語でメンバーを紹介していくこの曲に乗せて、鈴木健人(Dr)、巽啓伍(B)、阿南智史(G)、安部勇磨(Vo, G)が1人ずつステージに登場。サポートメンバーのハタヤテツヤ(Key)、山本幹宗(G)、Meg(Cho)、小林うてな(Steelpan, Marimba)が持ち場に着くと、「1曲目からクライマックスです!」という安部の力強い一言を合図に、この日のライブは「STORY」で颯爽と幕を開けた。

2曲目の「どうでもいいけど」では早くもテープキャノンが炸裂し、きらびやかなテープが舞い散る中、驚きを交えた歓声が客席から上がる。ネバヤンは「Motel」「あまり行かない喫茶店で」といったアップチューンを立て続けに演奏。安部は時折シャウトを織り交ぜたエネルギッシュな歌声で場内のボルテージをさらに高めていく。すっかりテンションが上がった安部は「楽しすぎて、俺ら溶けてなくなっちゃうかも(笑)。今日は楽しすぎて1階から3階までの段差が溶けて平面になるぐらいの感じを目指しますんで」と興奮気味に語り、ピンスポットが当たる中、銅鑼を打ち鳴らして次の楽曲「Let's do fun」をスタート。小林が奏でるエキゾチックなスティールパンをフィーチャーした、ゆったりとしたサウンドに観客たちは気持ちよさそうに体を揺らしていた。

その後ネバヤンは、安部が落ち着いた歌声を聞かせる「雨が降れば」、阿南の爽快なギターフレーズに心躍る「気持ちいい風が吹いたんです」、Megのキュートなコーラスで彩られた「春を待って」などバラエティ豊かな楽曲をプレイ。中盤では「春らんまん」「どんな感じ?」 「うつらない」 「夢で逢えたら」「いつも雨」といったバラードやミディアムチューンをじっくりと届け、観客を楽曲の世界に引き込んでいった。

終盤のMCではサポートギタリストの山本が阿南の同郷の先輩であることが話題に挙がる。安部が「今日は『カンジさんの首獲ったる!』みたいなところあるよね?」と阿南をけしかけると、阿南は苦笑いを浮かべつつ「そうね(笑)」と答え、続く「なんかさ」で山本と競い合うようにアグレッシブなプレイを披露して大きな喝采を巻き起こした。晴れやかなメロディが印象的な「明るい未来」、鈴木と巽が繰り出すシャッフルのリズムで突き進む「fam fam」を立て続けに届けると、ネバヤンは本編最後にラウドなロックチューン「お別れの歌」を荒々しくパフォーマンスして、緩急自在の演奏で観客を大いに楽しませた。

アンコール1曲目の「SURELY」では阿南がボーカルを担当し、まっすぐな歌声で客席を沸かせた。続く「夏のドキドキ」では、この日2度目となるテープキャノンが発射され、フィナーレに向かう流れを華やかに盛り上げる。最後にネバヤンは「Pink Jungle House」を賑々しく演奏すると、サポートメンバーを交え満面の笑みで肩を組み、客席に一礼してステージをあとにした。

never young beach「never young beach HALL TOUR 2019 “STORY”」 2019年5月29日(水)NHKホール セットリスト

00. Opening
01. STORY
02. どうでもいいけど
03. Motel
04. あまり行かない喫茶店で
05. Let's do fun
06. 雨が降れば
07. 気持ちいい風が吹いたんです
08. 春を待って
09. 春らんまん
10. どんな感じ?
11. うつらない
12. 夢で逢えたら
13. いつも雨
14. なんかさ
15. 明るい未来
16. fam fam
17. お別れの歌
<アンコール>
18. SURELY
19. 夏のドキドキ
20. Pink Jungle House

アプリで読む