Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から西川きよし、桂文珍。

西川きよしが映画「決算!忠臣蔵」で赤穂藩の経理係に、桂文珍は住職役

ナタリー

19/4/26(金) 6:00

ナインティナイン岡村と堤真一のダブル主演映画「決算!忠臣蔵」に西川きよし、桂文珍が出演することがわかった。

11月22日(金)に全国公開される「決算!忠臣蔵」は、山本博文著「『忠臣蔵』の決算書」を原作とする中村義洋監督作品。赤穂浪士たちによる吉良上野介の仇討を、筆頭家老・大石内蔵助が9500万の上限予算内で“決算”しようと奮闘する姿を描く。大石内蔵助役に堤真一、ワーキングプアな勘定方・矢頭長助役にナイナイ岡村が扮するほか、ダチョウ倶楽部・上島、木村祐一、板尾創路、村上ショージといった面々が出演するのは既報の通りだ。

きよしは赤穂藩次席家老で経理係の大野九郎兵衛役を担当。「大野九郎兵衛は僕によく似た人物で、まさかあの言葉を映画のセリフとして言えるとは夢にも思いませんでした」とコメントしている。どのようなセリフが用意されたのかは映画館で確かめよう。

一方、文珍は大石内蔵助らが赤穂藩再興の望みを託す遠林寺の住職・祐海和尚を演じることに。彼は何年も同じヘアスタイルを貫いてきたが、「岡村くんのためやから、なんでもするで」と快く剃髪したという。

西川きよし コメント

芸歴55周年を迎えたこともあり「決算!忠臣蔵」の話をいただいたときは「大石内蔵助の役がついに来たか!」と思いました。実際いただいた役は大野九郎兵衛という役で、役作りのために本を読んで勉強をしました。大野九郎兵衛は僕によく似た人物で、まさかあの言葉を映画のセリフとして言えるとは夢にも思いませんでした。久々の映画出演で緊張の連続でしたが、空き時間は芸人仲間や俳優さんと一緒に談笑して楽しい時間を過ごせました。

桂文珍 コメント

まさか! まさか! 私が「忠臣蔵」の映画に出演する日が来るなんて!! 元々、「忠臣蔵」というエンタメは文楽「仮名手本忠臣蔵」から始まり、歌舞伎や映画、TVドラマにと時代と共にメディアの変化、時代の空気感に合わせて皆さんに受け入れられてきたお話です。この「決算!忠臣蔵」は実に今のご時世らしい作品です。大石内蔵助がお金で苦労していたとは……。「討ち入りのためにお金を調達する重要な役をいただいた!」と思ってたのですが、実際は……私にぴったりの役でした(笑)。ぜひ劇場でご覧になってください。

(c)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

アプリで読む