Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Uru、新曲「プロローグ」で有村架純主演ドラマ『中学聖日記』主題歌担当 12月にシングル発売

リアルサウンド

18/9/12(水) 12:00

 Uruが、新曲「プロローグ」で10月期火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)主題歌を担当する。

(関連:Uru、ドラマ『コウノドリ』の物語にどう寄り添う? 主題歌「奇蹟」で描いた“光と影”

 『中学聖日記』は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のフランス在住の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に、年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った10歳年下の中学生・黒岩晶(くろいわあきら)に心惹かれていく女教師・末永聖(すえながひじり)の“禁断の恋”を儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーとなっている。

 主人公・末永聖を演じるのは、民放連続ドラマ単独初主演となる有村架純。一方、相手役の生徒・黒岩晶は、1年にわたるオーディションを勝ち抜き本作で芸能界デビューを飾る新人・岡田健史が演じる。さらに、プロデュースは湊かなえ原作ドラマ『夜行観覧車』(2013年)、『Nのために』(2014年)、『リバース』(2017年)や、『アンナチュラル』(2018年)の新井順子が担当。演出は、上記ドラマ作品のほか、有村主演の映画『コーヒーが冷めないうちに』で映画監督デビューを果たした塚原あゆ子らが手がける。

 Uruの新曲「プロローグ」は、このドラマのために書き下ろされた楽曲で、作詞・作曲を Uru、編曲をデビュー以来Uruの楽曲のアレンジを手掛けてきたトオミヨウが担当する。同楽曲は12月5日にシングルとしてリリースされる。「プロローグ」は、恋の始まりに揺れ動く気持ちへの戸惑いや、叶うかどうかも分からないまま募っていくヒリヒリした恋心を描くバラードだという。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play