Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『さよならくちびる』 (C)2019「さよならくちびる」製作委員会

小松菜奈&門脇麦『さよならくちびる』劇中デュオ“ハレルオ”としてメジャーデビュー&MV公開

ぴあ

19/4/18(木) 8:00

小松菜奈、門脇麦、成田凌と、映画界最旬キャストで贈る青春音楽ロードムービー『さよならくちびる』。劇中、人気ギター・デュオ“ハルレオ”として、自らの歌声と演奏で楽曲を披露している小松と門脇が、5月22日(水)にEP「さよならくちびる」をリリースする。

主題歌「さよならくちびる」をプロデュースしたのは秦基博。そして、挿入歌「誰にだって訳がある」「たちまち嵐」の作詞・作曲を、あいみょんが担当。いずれも物語の重要な役割を担っている楽曲たちだ。

今回のメジャーデビューに際し、秦は「最初に頂いた脚本に書かれていた『さよならくちびる』という言葉。その言葉を、ハルとレオならどんな風に歌うのだろうかとイメージしながら詞と曲を書きました」と振り返り、「映画とともに、この『さよならくちびる』という歌も多くの方に楽しんでいただけたら嬉しいです」と語った。

また、あいみょんは「いつまでもハルとレオを繋ぐ楽曲たちだと思っています。根拠はないけど、ふたりはきっと大丈夫だし、全部分かってる訳じゃないけど、そういうことだと思いました。この楽曲たちを歌ってくれてありがとうございます。デビュー、万歳」とコメント。

また、同時公開となったジャケット写真は、写真家・川島小鳥が本作のために撮り下ろしたもの。MVの監督を務めたのは、米津玄師の代表作「Lemon」のMVや、あいみょんの「マリーゴールド」を手がけた、山田智和だ。

MV撮影にのぞんだ小松、門脇、成田は久しぶりの再会に会話が弾んだ様子。「他愛もない話ばかりしていました(笑)」(小松)、「映画とMV、それぞれの世界観を楽しんでいただけたらと思います」(門脇)、「映画とは違った空気感もありながら、少しその匂いは残っている、絶妙な距離感のMVになっていると思います」(成田)と、それぞれ感想を寄せた。

『さよならくちびる』
5月31日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

アプリで読む