Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』」より。(撮影:瀬戸秀美)

マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」新演出版が開幕

ナタリー

19/7/12(金) 16:41

マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』」が、昨日7月11日に東京・Bunkamura オーチャードホールで開幕した。

本作は、スワン役をすべて男性が演じる演出で人気を博したバレエ作品。イギリスのローレンス・オリヴィエ賞ではニューダンスプロダクションの最優秀賞を受賞した。日本では2003年に初めて上演され、今回は新演出版が披露される。

演出・振付のマシュー・ボーンは本作について「今も人々に感動と影響を与える力があるから上演をし続けています。ダンスファンでない方もこの公演を観にきてくださり、劇場を出る頃にはダンスの虜となっていると思います」とコメントしている。

今回はスワン / ストレンジャー役をマシュー・ボール、ウィル・ボジアー、マックス・ウェストウェルが務め、王子役をドミニク・ノース、ジェイムズ・ラヴェルが担当。上演時間は休憩20分を含む約2時間30分を予定している。公演は7月21日まで。

「マシュー・ボーンの『白鳥の湖~スワン・レイク~』」

2019年7月11日(木)~21日(日)
東京都 Bunkamura オーチャードホール

演出・振付:マシュー・ボーン
音楽:ピョートル・チャイコフスキー

キャスト

スワン / ストレンジャー:マシュー・ボール、ウィル・ボジアー、マックス・ウェストウェル
王子:ドミニク・ノース、ジェイムズ・ラヴェル
女王:ニコル・カベラ、カトリーナ・リンドン
ガールフレンド:カトリーナ・リンドン、キャリー・ウィリス、フレヤ・フィールド
執事:マックス・ウェストウェル、グレン・グラハム、ジョナサン・ルーク・ベイカー、アシュリー・ジョーダン・パッカー
ほか

アプリで読む