Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 ~これぞ忍者の大運動会だ!~」製作発表会より。

「忍ミュ」第10弾は観客参加型“大運動会”?初の会見に6年生集合

ナタリー

19/2/20(水) 19:46

本日2月20日、「ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 ~これぞ忍者の大運動会だ!~」の製作発表会が、東京公演の会場となる東京・東京ドームシティ シアターGロッソで行われた。

2010年に初演され、このたびシリーズ10年目に突入した「忍ミュ」こと「ミュージカル『忍たま乱太郎』」。「忍ミュ」シリーズ開始以降、初めて開催された製作発表会には、第10弾のキャスト・スタッフのほか、約3000通にのぼる応募の中から選ばれた約200人のオーディエンスが参加した。

イベントの冒頭では、過去作品のダイジェスト映像を上映。続いて、衣装を身に着けた6年生キャストが登場し、立花仙蔵役の湯本健一、潮江文次郎役の渡辺和貴、中在家長次役の新井雄也、七松小平太役の木村優良、食満留三郎役の秋沢健太朗、善法寺伊作役の反橋宗一郎が「忍者はガッツ!」を歌唱した。

パフォーマンス終了後に行われた会見には、6年生キャストに加え、脚本・作詞・演出を手がける竹本敏彰、音楽監督・作曲・編曲を担当する玉麻尚一、制作統括プロデューサーの澤田隆司氏が出席。原作者の尼子騒兵衛が書き下ろした忍術学園の学園歌が、第10弾の公演で披露されることを澤田氏が明かすと、客席からは歓喜の声が上がる。また演出の竹本は、尼子の提案によって第10弾のテーマが大運動会に決定したことに言及しつつ、「お客さんと一緒になって楽しめるような、観客参加型の舞台にしたいと思っています。もちろん脚本はありますが、ガチな戦いなので、どのチームが勝つかはわかりません。微妙なジャッジになった場合は、お客さんに判定していただけたらと思います(笑)」と本作のコンセプトを説明。さらに、「委員会対抗戦ということで、先輩後輩の関係性を描きつつ、6年生内でのドラマも重要視していきたいです」と抱負を述べた。

今作が「忍ミュ」初参加となる立花仙蔵役の湯本は「仙蔵のような、美しくて凛々しいキャラクターを演じるのは今回が初めて。先輩方の胸を借りながら、お客様の期待を裏切らないようにがんばっていきたいと思います」と意気込み、「作法委員会委員長として(綾部)喜八郎と共に優勝を目指します!」と決意を語る。過去作にも潮江文次郎役で出演した渡辺は「記念すべき第10弾で、文次郎として復活できることをうれしく思います。新たなメンバーと試行錯誤しながら、『忍たま』の世界観を作り上げたいです。……ギンギン!」とおなじみのフレーズで結んだ。

続いて、今作が「忍ミュ」初出演となる6年ろ組コンビが挨拶。自身が演じるキャラクターへの思いを問われた中在家長次役の新井は「長次は無口で優しくて……うーん、何と言えばいいんでしょうか……」としどろもどろになりながらも、「『もそもそ』って言えばいいんですかね(笑)。自分なりに優しい長次を演じられたらと思います」とコメントし、会場を和ませる。また七松小平太役の木村は「先ほど竹本さんから、毎公演エンディングが変わるかもしれないというお話がありましたが、僕たち体育委員会が毎回エンディングを飾らせていただきます! 文字通り大暴れしたいです!」と元気いっぱいに宣言した。

本日のイベントは、盛り上げ役を担う6年は組コンビを中心に、終始和やかなムードで進行。第9弾から続投となる食満留三郎役の秋沢は「元号が変わる節目に『忍ミュ』に出演させていただき、とてもうれしいです。皆さん、劇場にたくさん遊びに来てください!」と笑顔で観客に呼びかけ、「(大運動会では)絶対負けません!」と木村に視線を送る。善法寺伊作役の反橋は、自身が出演した「忍ミュ」の過去作を振り返りながら、「“忍たまファミリー”という言葉を大切に、『忍ミュ』を作り上げてきました。この思いだけはどの作品にも負けないと思います」と熱い思いを語り、「責任感を持って、新キャストに『これぞ忍たま』という思いを伝えていかなければいけないし、新キャストには新しい風を吹かせてもらいたい。皆さん、安心してついて来てください!」と観客にアピールした。

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 ~これぞ忍者の大運動会だ!~」の公演は、5月10日から26日まで東京ドームシティ シアターGロッソ、5月31日から6月2日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、6月8・9日に愛知・春日井市民会館にて。チケットの一般販売は4月7日10:00に開始される。

「ミュージカル『忍たま乱太郎』第10弾 ~これぞ忍者の大運動会だ!~」

2019年5月10日(金)~26日(日)
東京都 東京ドームシティ シアターGロッソ

2019年5月31日(金)~6月2日(日)
大阪府 森ノ宮ピロティホール

2019年6月8日(土)・9日(日)
愛知県 春日井市民会館

原作:尼子騒兵衛 著「落第忍者乱太郎」よりアニメーション「忍たま乱太郎」
脚本・作詞・演出:竹本敏彰
音楽監督・作曲・編曲:玉麻尚一

キャスト

忍術学園 6年生

立花仙蔵:湯本健一
潮江文次郎:渡辺和貴
中在家長次:新井雄也
七松小平太:木村優良
食満留三郎:秋沢健太朗
善法寺伊作:反橋宗一郎

忍術学園 5年生

久々知兵助:山木透
尾浜勘右衛門:佐藤智広
竹谷八左ヱ門:栗原大河

忍術学園 4年生

平滝夜叉丸:樋口裕太
綾部喜八郎:大谷誠
田村三木ヱ門:三井淳平
浜守一郎:高畑岬

忍術学園 1年生

猪名寺乱太郎(A):津山晄士朗
摂津のきり丸(A):川尻拓弥
福富しんべヱ(A):岡野凜音
猪名寺乱太郎(B):石川雄己
摂津のきり丸(B):室伏佑哉
福富しんべヱ(B):田中誠人

くの一

ユキ:秋山みり

ドクタケ忍者隊

稗田八方斎:幹山恭市
キャプテン達魔鬼:高橋光
ドクタケ忍者隊 弐:小笠原竜哉
ドクタケ忍者隊 参:伊藤俊
ドクタケ忍者隊 肆:石黒鉄二
ドクタケ忍者隊 伍:来夢
ドクタケ忍者隊 陸:開沼豊

暗殺者

海松万寿烏:当銀大輔
土寿烏:翁長卓

忍術学園関係者

大川平次渦正:迫英雄
土井半助:一洸
山田伝蔵:今井靖彦

(c)尼子騒兵衛/NHK・NEP (c)ミュージカル「忍たま乱太郎」製作委員会

アプリで読む