Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Masahide Sato

指揮者・高関健(たかせき けん)が 第50回(2018年度)サントリー音楽賞を受賞!

ぴあ

19/3/17(日) 0:00

栄えある「第50回サントリー音楽賞」の受賞者が、高関健に決定した。 サントリー音楽賞は、わが国の洋楽の発展にもっとも顕著な業績をあげた個人または団体に贈られるもので、1969年の第1回以来、今回が50回目となる。

高関健は、現在 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 常任指揮者、京都市交響楽団常任首席客演指揮者、仙台フィルハーモニー管弦楽団レジデント・コンダクター、静岡交響楽団ミュージックアドヴァイザーという要職を歴任。さらには、東京藝術大学音楽学部指揮科教授として、次代を担う指揮者の養成にも尽力している。

つい先週まで、日本とロシアの間で相互に行なわれている文化フェスティバル、「ロシアにおける日本年」の一環として、ウラジオストクとサンクトペテルブルグにおいて團伊玖磨のオペラ『夕鶴』を指揮、両国間の文化交流の促進、相互理解の増進、友好関係の強化に大きな役割を果たしたばかりだという。

©Rikimaru Hotta

●受賞に関する詳細は、以下参照
 ⇒ https://www.suntory.co.jp/sfa/music/prize/index.html

●高関健プロフィール
 ⇒ http://www.japanarts.co.jp/artist/KenTAKASEKI

アプリで読む