Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東京成人演劇部vol.1「命、ギガ長ス」ビジュアル(c)大橋仁

松尾スズキの新劇団・東京成人演劇部の第1弾は、安藤玉恵との二人芝居

ナタリー

19/2/24(日) 17:00

松尾スズキの新劇団の詳細が発表された。

団体名は“東京成人演劇部”。vol.1の「命、ギガ長ス」には安藤玉恵が出演する。公演に向け、松尾は「かりそめですが、『演劇部』を作ってみました。正式部員は私一人です」と説明。また「安藤玉恵さんには、どこか、部活の臭いがするので、お声がけしました。手始めに、シンプルに二人でやってみようと思います。詳しくは言えないのですが、今、自分の中でお母さんが来ているので、お母さんの役をやってもらいます。命の長さに関する、これまたシンプルな芝居です」と内容について語っている。

公演は、7月4日から21日まで東京のザ・スズナリ公演を皮切りに、7月24・25日に富山のオーバード・ホール、7月27日から29日に大阪・読売テレビ 新社屋ホール、7月31日・8月1日に福岡・北九州芸術劇場、8月4日に宮城・えずこホール(仙南芸術文化センター)、8月6・7日に北海道・生活支援型文化施設 コンカリーニョにて上演される。

なお松尾は本日2月24日に開幕する岩井秀人の新作音楽劇「世界は一人」に出演中。「世界は一人」は3月17日まで、東京芸術劇場 プレイハウスにて東京公演を行なった後、3月23・24日に長野・サントミューゼ 上田市交流文化芸術センター 大ホール、3月28日から31日に大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ、4月5・6日に宮城・電力ホール、4月9日に三重・三重県文化会館 中ホール、4月13・14日に福岡県 北九州芸術劇場 大ホールにて上演される。

松尾スズキ コメント

大規模な芝居をやることが増えています。
増えれば増えるほど充実感も高まるのですが、一方で、プレッシャーも高まります。
2年後3年後の人気者のスケジュールにおのれが振り回されるとき、
ふと「忘れてるな、演劇を始めた頃の素朴な悦び」と、我が身を振り返り、もっと言えば、学生演劇をやっていた頃の無責任な自分が一番楽しかったんじゃないか、とすら自戒することもあるわけです。
とはいえ部活の頃に戻ることは不可能です。
とはいえとはいえ、部活を演じることはできるかもしれません。
なので、かりそめですが、「演劇部」を作ってみました。
正式部員は私一人です。
孤独の似合う男です。
安藤玉恵さんには、どこか、部活の臭いがするので、お声がけしました。
手始めに、シンプルに二人でやってみようと思います。
詳しくは言えないのですが、今、自分の中でお母さんが来ているので、お母さんの役をやってもらいます。
命の長さに関する、これまたシンプルな芝居です。
ぜひとも、生暖かい目で見てやってください。

東京成人演劇部vol.1「命、ギガ長ス」

2019年7月4日(木)~21日(日)
東京都 ザ・スズナリ

2019年7月24日(水)・25日(木)
富山県 オーバード・ホール

2019年7月27日(土)~29日(月)
大阪府 読売テレビ 新社屋ホール

2019年7月31日(水)・8月1日(木)
福岡県 北九州芸術劇場

2019年8月4日(日)
宮城県 えずこホール(仙南芸術文化センター)

2019年8月6日(火)・7日(水)
北海道 生活支援型文化施設 コンカリーニョ

作・演出・プロデュース:松尾スズキ
出演:安藤玉恵、松尾スズキ

アプリで読む