Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ドラゴンボール超 ブロリー』 (C)バードスタジオ/集英社 (C)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会

熱い声が続出! 『ドラゴンボール超 ブロリー』が満足度ランキング第1位!

ぴあ

18/12/17(月) 18:00

「ぴあ」調査による2018年12月14日、15日公開のぴあ映画初日満足度ランキングは、劇場版第20作目になる『ドラゴンボール超 ブロリー』が第1位になった。出口調査では、小学生から30~40代までのドラゴンボール世代に圧倒的な人気を集めており、ドラゴンボールが好きと答える親子の姿もあった。

本作は、3月に最終回を迎えたテレビアニメ『ドラゴンボール超』のその後の物語で、原作者の鳥山明が原作、脚本、キャラクターデザインを手がけ、悟空たちと“伝説の超サイヤ人”ブロリーの激闘が描かれる。

漫画やテレビアニメを観ていたと話す小学生からは「悟空とベジータが合体するところは初めて見たから、おぉ!ってなった」(10歳)、「かめはめ波を打ったところはやっぱりカッコよかった!」(11歳)、「ブロリーが怒りによって強くなったところがよかった。アニメより全然すごくてビックリした」(9歳)などの感想があがった。

『ドラゴンボール』が週刊少年ジャンプで連載をスタートしたのは1984年で、テレビアニメの放送開始は1986年から、同年には劇場版1作目『ドラゴンボール 神龍の伝説』も公開。当時、小学生だった人たちは今、40代になっている。本作を子供と鑑賞した人からは「映画はより大人向けのおもしろさがあったと思う。子供と観に来たけれど、大人も十分楽しめる」(44歳)、「自分が子供のときから見てきたので、ようやく息子と一緒に楽しめるものができたなと嬉しく思う」(40歳)という声もあった。

アンケート調査ではバトルシーンについて話す人も多く、「やっぱりフュージョンしたところが凄くよかった! 戦闘シーンの迫力が凄かった」「とにかくバトルが凄い! 展開が目まぐるしくて、途中追いつけないと思うほどだった」「バトルシーンの描写が特によくて技術の進化を感じた」などのコメントがあった。

(本ランキングは、12/14(金)、12/15(土)に公開された新作映画8本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play