Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ブラック・クランズマン」インタビュー映像よりジョーダン・ピール。

ジョーダン・ピール「ブラック・クランズマン」キャスティングを「完璧」と語る映像

ナタリー

19/1/28(月) 12:00

スパイク・リーが監督を務める「ブラック・クランズマン」より、プロデュースを手がけたジョーダン・ピールのインタビュー映像がYouTubeにて公開された。

1979年のアメリカを舞台とする本作は、過激な白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)への潜入捜査を試みた黒人刑事の実話を描くもの。デンゼル・ワシントンを父に持つジョン・デヴィッド・ワシントンが主人公の刑事ロン、アダム・ドライバーがロンと2人で1人の人物になりすます白人刑事フリップ・ジマーマンを演じた。

映像の中でピールは「完璧なキャスティングだ」と絶賛。ジョン・デヴィッド・ワシントンに関して「人を惹きつける力がある。スクリーンに映った瞬間、僕らは彼の味方になってしまう」と述べる。ドライバーについては「今回の役は彼が演じた役の中で一番のお気に入りだよ。信頼できて、鋭い視点を持った親友は、どこか特別だ」とコメントした。また、リーに監督のオファーをした理由も明かしている。

「ブラック・クランズマン」は3月22日より、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.