Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

COLOR CREATIONが語る、“青”で表現した様々な感情 「僕らの成長を見せることできた」

リアルサウンド

18/10/24(水) 12:00

 2018年5月にシングル『CANVAS』でデビューした5人組ボーイズボーカルグループ・COLOR CREATIONが、2ndシングル『I’m Here / Blue Star』を10月24日にリリース。遠くの大切な人を想う気持ちを歌った「I’m Here」と、ドラマ『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』(ひかりTV)の主題歌で、メンバーのTAKUYAが作詞を担当した「Blue Star」は、“青”をテーマに制作。青空、海、涙、雨、彼らの持つ感情が、さまざまな青で表現された1枚になった。(榑林史章)【最終ページに読者プレゼント応募あり】

遠く離れていても、空は繋がっている

ーーデビューシングル『CANVAS』は白がテーマで、今回の『I’m Here / Blue Star』は青がテーマとのことですが、みなさんにとって青はどんなイメージを持つ色ですか?

KAZ:空や海の爽やかなイメージと、涙や雨を想像させる悲しいイメージ、そのどっちもある色だと思います。そういう二面性を持った色だからこそ、いろんな気持ちを表現できると思って今回のテーマにしました。実際に楽曲でも、明るい青と悲しみを持った暗めの青という2曲を表現することができました。

ーー青の持つ二面性が表現された、両A面シングル。まず「I’m Here」はスケールが大きくて、とても爽やかなイメージの楽曲ですね。

TAKUYA:僕らは、それぞれ地元から上京してきているので、遠く離れた場所にいる家族や友だちのことを想って、等身大の気持ちで歌える曲です。大切な人と離れて暮らした経験のある人、今実際にそういう環境にいる人に、刺さったらいいなと思いながら歌っています。

ーーこの曲における、青の存在は?

KAZ:空です。サビに〈空を見上げよう 手は届かなくても〉というフレーズが出てきます。

TAKUYA:遠く離れていても、空は繋がっているというイメージです。

KAZ:どこか寂しい気持ちが表現されているのも一つの青だし、最初に話した青のイメージの両方が、この1曲の中に込められています。MVでも1番と2番で青の表現が違っていて、最初は寂しげな空だったのが、だんだん明るく爽やかな空になっていきます。それに合わせて、歌っているメンバーの表情も、最後のサビにかけてどんどん笑顔に変わっていくので、ぜひMVも観てほしいです。

ーータイトルは、「僕たちはいつもここで待ってるよ」「ここからみんなを見守ってるよ」というような意味合いですね。

YUUTO:はい。この夏にリリースイベントで九州に行ったんですけど、九州の方はなかなか東京のライブやイベントには来られないので、会えない日のほうが多いわけです。でもその会えない期間を、僕らが歌で支えてあげたいという気持ちで歌っています。だからライブでは会えた喜びも加わって、僕らもすごく感情が入るし、ファンの方の中には、泣きながら聴いてくださる方も多いです。

RIOSKE:この気持ちは、地元を離れた子どもを見送った親御さん側の気持ちとして、受け取ってもらうこともできます。「ここで待ってるから、いつでも帰っておいでね」って。だから親元を離れた僕らと同世代の方だけじゃなく、その親御さんの世代にも刺さってくれるんじゃないかなって。そうやっていろいろな聴き方ができる曲なので、それぞれのシーンに合わせて聴いてほしいです。

ーーみなさんもそれぞれ、いろいろな地域から集まってきているわけですから、気持ちもいっそう入りますね。

JUNPEI:それぞれ自分の地元で一度はライブをしているのですが、KAZだけは、上京後に一度も地元の長崎でライブができていなかったんです。それが先日やっと叶って、それもこの「I’m Here」を出すタイミングだったから、僕らもすごく感動しました。

KAZ:僕は14歳の時に長崎から上京して、11年ぶりに地元に帰ったのが、アーティストとしてだったことがうれしかったです。遠く離れていたけど、地元のみんなは僕の活動をチェックしてくれていて、いつも応援してるよというメッセージを受け取りました。東京はたくさんの人と出会うけど結局は孤独を感じてしまうというか。地元のような温かさや近さのある関係性がなかなか築けなくて、寂しいと思った時期もあります。でも、心はずっと繋がっていたんだなって。今回の経験で、改めて「I’m Here」に対する思い入れが深くなりました。

YUUTO:歌詞の2番に出てくる〈出会いが溢れてる時代でも僕の心 変わらないのさ〉というところも、きっとたくさんの方が共感してくれるフレーズだと思います。東京でこういう仕事をしていると本当にいろいろな人と出会うけど、たまに地元の友だちに電話をかけた時は、自然と地元にいた頃の感覚に戻れるんですよね。どこか安心感があって、懐かしい気持ちを思い出させてくれるのが、大切な人がいる地元です。それはこの先もずっと、変わらないだろうなって思います。

田中芽衣出演のカラクリ新曲MV!テーマカラーは青!COLOR CREATION「I’m Here」MV

ーー作詞の宏美さんとは今回が初めてです。作詞するにあたり、みなさんにヒアリングして書かれたんでしょうか?

JUNPEI:そういう機会はなかったので、たぶん想像して書いてくれたのだと思います。それなのに、僕らの心情そのままだったから、すごくびっくりしました。

KAZ:初めてお会いしたのはレコーディング現場でした。歌えば歌うほど、歌詞がどんどん自分たちに染みこんで馴染んできて。今では、自分たちから出てきた言葉のように歌えています。

RIOSKE:僕は、最後に出てくる〈必ず君を迎えに行くから〉というフレーズが好きですね。本当に辛いことがあれば、迎えに行って助けるから、立ち止まらず思い切り頑張れって言ってもらっているようで。ライブでは僕が上ハモを歌うんですけど、心に響きます。

TAKUYA:そこは僕が主メロを歌っていて、僕も大好きですね。音源では素直に歌っていますけど、ライブでは歌詞に入り込んでいるので、つい自然とアツイ表現になっちゃいます。

ーーメロディや曲に対しては、どんな印象ですか?

KAZ:歌詞がまだ付いていないデモの段階で、「これは2ndシングルに相応しい!」って思いました。前回は打ち込みのサウンドだったんですけど、この曲はどこかUKロックのような広がりのあるサウンドで、ちょうどバンドサウンドにも挑戦したいと思っていたので、その気持ちにぴったりハマる曲調だったんです。それに今まではサビをユニゾンで歌うことが多かったんですけど、今回はマイクリレーで順番に歌っていて。それによって同じ言葉でも、いろいろな表情を聴いてもらうことができます。そういう部分でも、一つ成長した僕らを見せることができた曲です。デビュー曲「CANVAS」は寄り添うイメージでしたけど、「I’m Here」は“迎えに行くから”というメッセージが込められていて、そこからもアーティストとして成長したところを感じてもらえると思います。

JUNPEI:それにもう1曲の「Blue Star」はドラマのタイアップで、TAKUYAが作詞をしたんですけど、歌詞の内容が「I’m Here」と繋がっているんです。2曲が繋がった1枚の作品として、すごく上手く構成することができたと思います。

KAZ:「Blue Star」の歌詞は、「I’m Here」では離れていた2人が、再会した内容になっていて。そういう別々のものが実は繋がっているという仕掛けはほかにもあって、『CANVAS』のCDのジャケットの後ろが青になっていて、実は今作のカラーをそこで予告していたんです! COLOR CREATIONだけに、そういう“カラクリ”も僕たちの表現として楽しんでほしいです。

ーーじゃあ今回のCDジャケットの裏を見れば次回の色が?

KAZ:毎回裏とは限らないですけどね(笑)。

初のドラマ主題歌は運命的!

ーーもう1曲の「Blue Star」は、作詞をTAKUYAさんが担当。ドラマ『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』の主題歌です。

TAKUYA:ドラマ主題歌を歌わせていただくのは初めてなので、お話をいただいてすごくびっくりしました。順序としては、お話をいただいたのが先で、それから全員で青をテーマに作詞をして、みんなで相談した上で僕の歌詞に決まりました。

ーータイトルの「Blue Star」は、どういうイメージですか?

TAKUYA:これは花の名前です。実はこれもカラクリではないですが、「CANVAS」のMVの最後にバラが1本映っていて、歌詞を書く時にそのことを思い出して花について調べていたら、「Blue Star」という花を見つけたんです。それでもっと調べていったら、その花言葉が「信じ合う心、幸福の愛」というもので。すごくいいなと思い、その花言葉をベースにしながら、ドラマの台本を読んで感じたことを含めて書いてきました。

ーー原作小説の作者名も、蒼井ブルーさんなんですね!

TAKUYA:そうなんです! それに、僕は気づかずに歌詞を書いていたんですけど、原作小説の中にも実際に「Blue Star」という花が出てくるんです。あとでそのことを教えてもらった時は、すごくびっくりしました。いろいろなところで、運命的なものを感じます。

ーー楽曲としては、とても爽やかな印象ですね。

RIOSKE:いつも以上にコーラスワークが多くて、そこはTAKUちゃんが頑張ってくれました。

TAKUYA:コーラスは僕がやることが多くて、今までの曲もコーラスが多いほうですけど、「Blue Star」は、思い出すだけでゾッとします(笑)。自ハモ(自分の歌に自分でハーモニーをつけること)も多かったですし、ウーアー系のコーラスの本数がとにかく多くて。「ここまでのコーラスは必要あるのか?」と思うくらい細かいものもあったんですけど、でもそれを入れるだけで広がりがまったく違ったので、それには驚きました。「なるほど、こういう響き方になるのか!」と、自分の中でも新しい発見がたくさんあって。頑張ったかいもあり、すごくいいものに仕上がりました。

RIOSKE:あと、インディーズの時に発表した「Summer love」という曲で披露したアカペラの評判がすごく良くて、今回もどこかで入れたいと思っていて。それで「Blue Star」の中でも完全なアカペラではないけど、声がメインになって歌うところがあります。リリースイベントで歌った時は、そこが好きだと言ってくださる方も多くて、そこもポイントになっていますね。

KAZ:トラックがパッと静かになって声だけになると、すごく引き込まれますよね。「Blue Star」も、そこで鳥肌が立ったと言ってくれる方が、すごく多いです。新しいことにもチャレンジしながら、そういうインディーズの頃からやっている良さも引き継ぐことができた曲です。CD音源ではTAKUYAがコーラスを担当しましたけど、ライブでは僕たちメンバーでハモっているので、その違いも楽しんでいただけると思います。

JUNPEI:「I’m Here」がエモい感じなので、「Blue Star」は対照的に、希望に満ちあふれた感じが出せるように歌いました。大切な相手を想って歌うのは同じですけど、「Blue Star」は出会ったあとなので、できるだけ明るく歌いたいと思ったんですけど、すごく感情を込めたくなる歌詞なので、ライブではついアツく歌っちゃいますね。

ーードラマは胸キュン要素もあるとのことで、歌うときは、胸キュンさせたいという気持ちも?

YUUTO:そうですね。俺がいちばん胸キュンさせないタイプですけど(笑)、今回は頑張って胸キュンしてもらおうと思って歌っています。普段はライブでこういうことをやらないんですけど、この曲ではお客さんを指差したりしています。

ーーこれまでたくさんのドラマを観て主題歌を聴いて、憧れたものもあると思いますが、好きだったドラマ主題歌はありますか?

JUNPEI:僕はドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系/1996年)の主題歌で、久保田利伸 with ナオミ・キャンベルさんの「LA・LA・LA LOVE SONG」ですね。ドラマのいいシーンで必ず流れるので、そのシーンと一緒に曲もパッと思い出します。

YUUTO:僕は『花より男子』(TBS系/2005年、2007年)がすごく好きだったから、嵐さんの「WISH」や「Love so sweet」は、すごく聴いていました。単なる主題歌というだけでなく、そのドラマの世界観をより広げてくれる曲で、そういう曲とドラマの関係はいいなって思いました。

RIOSKE:『1リットルの涙』(フジテレビ系/2005年)の主題歌で、Kさんの「Only Human」は、すごく思い出に残っていますね。

KAZ:MISIAさんの「Everything」も『やまとなでしこ』(フジテレビ系/2000年)というドラマの主題歌で、曲の印象がすごく強く残っています。

話題のあのドラマ主題歌!田中芽衣出演MV第2弾!COLOR CREATION 「Blue Star」MV

ーードラマをきっかけにカラクリのことを知ってくれる人が増えたり、そうやってドラマと共に思い出してくれたりするんでしょうね。

JUNPEI:曲でドラマも思い出すけど、一緒にその時期の自分のことも思い出せるのがいいですよね。

KAZ:ドラマって3カ月は続くから、その人の人生においてもすごく思い出に残るものですよね。そういう誰かの思い出の一部に、僕らの曲がなれるのはすごくうれしいです。

TAKUYA:よくドラマの最後にキスシーンとかがあって、そこに重なるように曲のイントロが流れ始めてエンディングの映像になるっていうのがあるじゃないですか。自分たちの曲も、そんな風に使われたいな〜って。

KAZ:みんなで妄想しています(笑)。

ブルーな気持ちをすてきなブルーに!

ーー初回盤と通常盤Aのカップリングには「Stand up!」を収録、通常盤Bには「Party Time」を収録。どちらもライブで盛り上がりそうな曲ですね。

RIOSKE:「Stand up!」は、僕が作詞で参加させていただきました。日々嫌なことや落ち込むことがあっても、気にせずありのままの自分を好きになってくれる人が必ずいるから、Stand upしようと歌っています。ただひたすら前向きで、自分らしさが出ている曲です。

JUNPEI:4月に開催したインディーズ最後のワンマンライブで初披露して以来、ライブでは毎回人気の曲です。歌詞に合わせて、ちょっとした小芝居が入ったりするので、初めてライブにくる方はそれも楽しみにしてほしいです。音源だけのイメージでライブを観ると、きっと曲のイメージが変わるんじゃないかな。

RIOSKE:仕事に行く前に聴いたら、きっとテンションがアガって1日楽しく過ごせると思います。

TAKUYA:でもこのテンションだと、朝聴いたら「今日は仕事行かなくていいや」って、遊びに行っちゃいそうだけど(笑)。

YUUTO:以前のライブではいちばん盛り上がるのが「Summer love」という曲でしたが、「Stand up!」はそれを上回る勢いと人気があります。最初はまさかライブでこんなに盛り上がってもらえる曲に成長するとは思っていなかったんですけど、ライブでやるたびにどんどん人気の曲になっていって、それを受けてステージでの僕らのパフォーマンスも輪をかけて自由なものになっていって。最近では歌そっちのけで、小芝居を考えるのが楽しくて(笑)。

JUNPEI:この曲は、それでいいと思う。

RIOSKE:格好つけて歌い上げる系が多かったけど、この曲はリラックスして楽しめる曲だからね。

TAKUYA:全員がメインボーカルで歌を全面に押し出している曲ばかりだと、聴くほうもきっと構えてしまうし。その点では、歌詞の通り肩の力を抜いて一緒に楽しみながら聴いてもらえると思います。

ーーもう1曲の「Party Time」もライブ映えしそうな曲ですけど、こちらはユーモアよりも格好良さ重視のイメージ。

YUUTO:はい。「Stand up!」と同じタイミングで初披露した曲ですけど、「Party Time」は逆に格好つけて魅せたい曲です。ライティングでしっかり演出できる時にやったほうがより表現できるので、リリイベとか対バンではあまりやらないけど、ワンマンでは必ずやる欠かせない曲という感じです。

TAKUYA:「Party Time」は「Stand up!」とは逆の魅せ方で、聴いてもらう感じですね。

KAZ:そうだね。「Stand up!」は日常の風景で、「Party Time」はクラブとか夜の、それこそパーティーの風景というイメージです。

JUNPEI:僕らもたまには格好つけたいんです!

ーー11月にツアー『PALETTE TOUR Vol.1』を開催。初のツアーということで、どんなツアーになりそうですか?

TAKUYA:前回は白、今回は青がテーマですし、会場をパレットに見立てて、僕らCOLOR CREATIONがそのパレットに、どんどん色を足していくという気持ちで『PALETTE TOUR』と命名しました。会場に来た人全員の心の扉を、ぶち壊せるような仕掛けを考えています。

RIOSKE:行く都市は東名阪の3カ所ですけど、きっといろんな地方からお客さんが集まってくれると思うので、いろんな色が集まる場所(=パレット)という気持ちも込めています。ぜひたくさんの方に集まっていただきたいです。

KAZ:全公演を違うセットリストでお送りします。もちろん毎回歌う曲もありますけど、曲順が違っていたり、その日にしか聴けない曲もあります。さらに本公演と12月の追加公演は、ガラッと内容を変えてお送りするので、楽しみにしていてほしいです。

YUUTO:今までのワンマンライブは、僕らとスタッフさんとで一緒に企画して作っていった感じでしたが、今回のツアーは演出やセットリストなどメンバー主体でアイデアを出しているので、全公演僕らの色が出たものになります。会場の中はもちろん、外にも仕掛けを作ろうと思っているので、いろんな部分で楽しんでほしいです。

JUNPEI:ツアーは初めてなので、決まった時からずっとドキドキしています。絶対に後悔させないツアーにしたいし、何回観ても違った楽しみ方ができるものにしたいと思っています。追加公演はクリスマス時期なので、クリスマスに1人で“ブルー”な気持ちの方がいたら、ぜひ会場に足を運んでください。僕らが、すてきな“ブルー”に変えてみせます!

(取材・文=榑林史章/写真=林直幸)

■シングル情報
COLOR CREATION『I’m Here / Blue Star』
発売日:10月24日(水)

<初回盤> CD+DVD ¥1,852(+税)
CD:1. I’m Here 2. Blue Star 3. Stand Up! 4. Blue Star inst. 5. I’m Here inst. 6. Stand Up! inst.
DVD:1. I’m Here(Music Video) 2. Blue Star(Music Video) 3. Music Video Making Movie 4. 2018.04.30「LAST INDIES SHOW.」 ダイジェスト映像
初回盤封入特典:カラクリカード封入(全6種中1種封入)

<通常盤A> CD ¥1,111(+税)
CD:1. I’m Here 2. Blue Star 3. Stand Up! 4. I’m Here inst. 5. Blue Star inst. 6. Stand Up! inst.

<通常盤B> CD ¥1,111(+税)
CD:1. I’m Here 2. Blue Star 3. Party Time 4. I’m Here inst. 5. Blue Star inst. 6. Party Time inst.

■テレビ情報
ドラマ『今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?』(全12話)
2018年秋 配信・放送予定
ひかりTV/dTVチャンネルR/ホームドラマチャンネル/関西テレビ /tvk
出演:矢作穂香、水野勝、中尾暢樹、加村真美/入山法子 他
原作:「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」(KADOKAWA刊)
原作 蒼井ブルー 著 三津留ゆう
企画・プロデュース:KADOKAWA、ひかりTV
制作会社:オフィスクレッシェンド 
監督:二宮崇、瀧悠輔 脚本:遠山絵梨香、阿部沙耶佳
製作委員会:KADOKAWA、ひかりTV、松竹ブロードキャスティング、関西テレビ放送、tvk
(C)2018「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」製作委員会
公式サイト
公式Twitter: @kon_daki  
公式LINE:今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?
※「dTVチャンネル」は、NTTドコモの登録商標です。

■イベント情報
『I’m Here / Blue Star』リリースイベント
9月15日(土)福岡・HMV&BOOKS HAKATA
9月17日(月・祝)熊本・蔦屋書店 熊本三年坂
9月22日(土)千葉・セブンパーク アリオ柏店
9月24日(月・祝)新潟・イオンモール新潟南1Fマリンコート
9月28日(金)大阪・大阪・タワーレコード難波店 5F イベントスペース
9月29日(土)大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース
9月30日(日)愛知・松坂屋名古屋店本館北側 さくらパンダ広場
10月7日(日)岡山・アリオ倉敷店
10月8日(月・祝)千葉・イオンモール船橋 1Fイオンバイク前
10月13日(土)東京・ヴィレッジバンガード渋谷本店 店内イベントスペース
10月21日(日)兵庫・ミント神戸 2Fデッキ
10月27日(土)東京・ららぽーと立川立飛 2Fイベント広場

※上記スケジュール以外にも、続々追加予定
※会場への問い合わせは控えること。

*その他イベント情報も随時更新中

■ライブ情報
ワンマンツアー『PALETTE TOUR Vol.1』
2018年
11月23日(金・祝)愛知 / 名古屋RAD HALL 開場17:30 開演18:00 SOLD OUT
12月2日(日)大阪 / 心斎橋FANJ twice 開場17:30 開演18:00 SOLD OUT
12月9日(日)東京 / 渋谷ストリームホール 開場17:00 開演18:00 SOLD OUT

<追加公演>
12月21日(金)愛知 / 名古屋SPADE BOX 開場18:30 開演19:00
12月23日(日)大阪 / 梅田Shangri-La 開場16:00 開演16:30
12月24日(月・祝)東京 / 渋谷WWW X 開場16:00 開演17:00

■関連リンク
COLOR CREATIONオフィシャルホームページ
ドラマ「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」オフィシャルホームページ

COLOR CREATION サイン入りチェキプレゼント

COLOR CREATION サイン入りチェキをプレゼント。応募要項は以下のとおり。

<応募方法>
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

<応募締切>
11月7日(水)まで

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play