Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

Kis-My-Ft2 宮田俊哉、『やすらぎの郷』続編ドラマに出演 風間俊介と兄弟役で人生初の短髪に

リアルサウンド

18/11/15(木) 5:00

 2019年4月から放送のテレビ朝日開局60周年記念作品『やすらぎの刻~道』に、Kis-My-Ft2の宮田俊哉が出演する。

 本作は、2017年4月~9月に放送された『やすらぎの郷』に続く倉本聰作の帯ドラマで、『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化されていくというストーリー。『道』は、山梨県のとある山間の村を舞台に昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を綴るもので、テーマは“ふるさと”。昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを、1年間をかけて丁寧に描いていく。作品の前半の主演は、清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半にあたる主人公の晩年を八千草薫が演じる。ドラマ『道』の展開とともに、『やすらぎの郷』の“その後”も合わせて描かれていき、前作でおなじみの白川冴子(浅丘ルリ子)、水谷マヤ(加賀まりこ)、真野六郎(ミッキー・カーチス)、高井秀次(藤竜也)らに加え、さらなる名優たちも多数出演する予定だという。

 宮田は、風間俊介扮する根来公平の兄・公次役として出演。13歳から公平役を演じる風間が人生初の丸刈りにしたのと同様、宮田も役づくりのため、短髪に刈り上げてから山梨県内のロケ地でクランクイン。アイドル・Kis-My-Ft2の活動時とは異なる、仕事着+地下足袋+手ぬぐいという地味な姿で、農作業に没頭するシーンや、クマの出没を知らせるため桑畑を全力疾走する場面を熱演している。なお風間と宮田のドラマ共演は、今回が初となる。

 また、風間と宮田の母・根来アヤ役に岸本加世子、本家の兄・根来鉄兵役に平山浩行が、主人公・菊村が入居する『やすらぎの郷』に新たにコンシェルジュとして着任したアラフォー美女・有坂エリ役には板谷由夏が決定した。(リアルサウンド映画部)

アプリで読む