Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“娼夫”役の松坂桃李が欲望の世界へ R18映画『娼年』特報映像公開

リアルサウンド

18/1/16(火) 8:00

 4月6日から公開される、松坂桃李主演映画『娼年』から特報映像が公開された。

動画はこちら

 本作は、2001年の直木賞候補となった石田衣良の恋愛小説を、『愛の渦』の三浦大輔が監督・脚本を務め、映画化したもの。主人公は東京の名門大学生・森中領(松坂)。ひょんなことから女性専用コールクラブに入店することになった彼は、娼夫“リョウ”として仕事を始める。最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、次第にやりがいを見つけていく。2016年8月には、三浦×松坂で舞台化もされている作品だ。

 今回公開された30秒の特報では、“娼夫”リョウが、女性からの「私、今すぐ、リョウくんとしたいな…」という耳元のささやきに戸惑う場面から始まる。続いて、キスをする姿が薄暗く浮かび上がり、リョウが女性たちの欲望の世界へ踏み込んでいくシーンが繰り広げられる。

 映画化困難と言われた原作だが三浦は、「“性描写”に関しては一切妥協しない」とコメント。松坂は本作について、「舞台同様、無になりました」と語っている。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play