Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

伊坂幸太郎×今泉力哉『アイネクライネナハトムジーク』予告編 三浦春馬と多部未華子の10年が動く

リアルサウンド

19/5/17(金) 10:00

 三浦春馬主演映画『アイネクライネナハトムジーク』より、本予告と本ポスタービジュアルが公開された。

【動画】『アイネクライネナハトムジーク』予告編

 原作は、『アイネクライネ』に始まり『ナハトムジーク』で終わる6章の短編からなる伊坂幸太郎“初”にして“唯一”の恋愛小説集。監督を務めるのは、『パンとバスと2度目のハツコイ』や『愛がなんだ』の作品で知られ、「映像化するなら彼しかいない」と伊坂がラブコールを送った今泉力哉。脚本は『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』など伊坂原作に定評のある鈴木謙一が務める。

 このたび公開された予告編では、3度目のカップル共演となる三浦演じる佐藤と多部未華子演じる紗季の雲行き怪しい会話から始まりつつも、二人の出会いの様子が描かれていく。矢本悠馬演じる、佐藤の大学の同級生・織田一真と、森絵梨佳演じる由美は結婚して子供も2人、幸せそうな家庭を築いている。一方で、貫地谷しほり演じる、由美の友人の美容師・美奈子は、電話の相手に「今のままがいいというか…」とつぶやき悩んでいる様子。また、原田泰造演じる、佐藤の会社の先輩であり妻に逃げられた藤間は、ショックを受けながらも妻との出会いを振り返り「彼女でよかった」と佐藤に伝えている。恒松祐里と萩原利久演じる高校生たちも登場し、斉藤和義が手がける主題歌にのせて“それぞれの10年間”が巧みに絡み合い、佐藤と紗季の恋が動き出しそうな予感を感じさせる予告編に仕上がっている。

 あわせて公開されたポスターは、佐藤と紗季の2人を軸に、キャスト陣がそれぞれ魅力的な表情を見せている。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む