Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46「真夏の全国ツアー2018」宮城・ひとめぼれスタジアム宮城公演の様子。(写真提供:ソニー・ミュージックレコーズ)

乃木坂46ツアーファイナルに休養中の久保史緒里がサプライズ出演

ナタリー

18/9/3(月) 15:56

乃木坂46の初となる全国ドーム&スタジアムツアー「真夏の全国ツアー2018」の最終公演が9月1、2日に宮城・ひとめぼれスタジアム宮城で開催され、各日4万人、合計8万人の観客を動員した。

今回のツアーは、8月8日に発売された最新シングル「ジコチューで行こう!」のタイトルにちなみ、各公演ごとに異なるメンバーが自身のプロデュースによる演出で楽曲をパフォーマンスする「ジコチュープロデュース」なるスペシャルプログラムを用意。正攻法でパフォーマンスを披露するメンバーのみならず笑いを取るメンバーも現れ、それぞれの個性豊かな演出により人気コーナーとなっていった。また福岡・福岡 ヤフオク!ドームや愛知・ナゴヤドームといった室内会場ではふんだんにレーザーを使用し、大阪・ヤンマースタジアム長居や宮城・ひとめぼれスタジアム宮城といった屋外会場では噴水やウォーターキャノンを駆使。会場のタイプに合わせて演出を変え、メンバーのパフォーマンスを一層引き立てた。

屋外ライブはなぜか悪天候の中で行われることが多い乃木坂46。今回の「真夏の全国ツアー2018」はこれまで天候に恵まれてきたが、ツアーファイナルである9月2日の宮城公演は残念ながら本編途中から雨に見舞われた。そんな中、彼女たちはラストナンバー「ジコチューで行こう!」までライブ本編に33曲を熱唱。その後のアンコール曲「ダンケシェーン」では、体調不良により7月からグループでの活動を休止していた久保史緒里がサプライズで登場。会場のある仙台で生まれ育った彼女の登場に、観客はますますヒートアップした。さらに彼女たちはダブルアンコールとして本編1曲目の「裸足でSummer」を再び披露し、猛暑の中で行われてきた真夏のツアーは熱狂と共に終幕した。

「乃木坂46 真夏の全国ツアー2018」2018年9月2日 ひとめぼれスタジアム宮城 セットリスト

Overture
01. 裸足でSummer
02. 夏のFree & Easy
03. 命は美しい
04. 三番目の風
05. トキトキメキメキ
06. 自惚れビーチ
07. 13日の金曜日
08. 風船は生きている
09. シンクロニシティ
10. 孤独兄弟
11. 太陽に口説かれて
12. 月の大きさ
13. 水玉模様
14. ライブ神
15. 涙がまだ悲しみだった頃
16. 扇風機
17. 僕の衝動
18. 未来の答え
19. 自分じゃない感じ
20. 逃げ水
21. 制服のマネキン
22. インフルエンサー
23. 君の名は希望
24. いつか出来るから今日できる
25. 心のモノローグ
26. 地球が丸いなら
27. 空扉
28. 三角の空き地
29. アンダー
30. ガールズルール
31. ロマンスのスタート
32. ハウス!
33. ジコチューで行こう!
<アンコール>
34. ダンケシェーン
35. そんなバカな…
36. 乃木坂の詩
<ダブルアンコール>
37. 裸足でSummer

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play