Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ターボキッド』制作ユニットによる青春ホラー 『サマー・オブ・84』8月公開

リアルサウンド

19/3/18(月) 13:00

 『ターボキッド』で高い評価を得たカナダの映像制作ユニット“RKSS”最新作『Summer of 84(原題)』が、『サマー・オブ・84』の邦題で8月3日より公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルが公開された。

参考:チャリンコ版『マッドマックス』!? 『ターボキッド』に漂う、中学生男子の妄想的ポップ感

 本作は、2018年のサンダンス映画祭でお披露目されるや否や観客と評論家を熱狂させた、1980年代ホラーのスタイルと精神を今に甦らせた思春期映画。郊外に暮らす思春期真っ只中の15歳のオタク少年が、ひょんなことから隣に住む警察官が実は連続殺人犯なのではと疑いを抱き、親友3人とともに極秘捜査を開始する。

 監督を務めたのは、ROADKILL SUPERSTARS(RKSS)というユニット名で数多くの短編を手がけたのち、“BMX版『マッドマックス』”とも評されたSFアクション『ターボキッド』で長編デビューを飾り、SXSW映画祭最優秀観客賞などを受賞したフランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル。『ルイの9番目の人生』『シンクロナイズドモンスター』のショーン・ウィリアムソンが製作を務めた。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む