Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

香取慎吾

香取慎吾と白石和彌の初タッグ作「凪待ち」2019年公開、テーマは喪失と再生

ナタリー

18/7/6(金) 6:00

香取慎吾が主演、白石和彌が監督を務める「凪待ち」の製作が発表された。

「喪失と再生」をテーマとする本作で香取が演じるのは、パートナーの女性とその娘とともに彼女の故郷である宮城・石巻で再出発しようとする男。平穏に見えた彼の暮らしは、小さなほころびの積み重なりによって取り返しのつかない事態に陥ってしまう。脚本を手がけるのは、Netflixオリジナルドラマ「火花」でも白石とタッグを組んだ加藤正人。

このたびの発表にあたり、香取は「今までぼくが演技したことのないような役と世界観で、この映画のこのストーリーの中に入れることがとても楽しみです」、白石は「香取さんのスター感を若干消しながらも、人の生きる強さや優しさといったものに香取さんとならば触れられると思いました。そこを一緒に探していけたらと思っています」と述べている。

「凪待ち」は7月中旬にクランクアップする予定。2019年に公開される。

香取慎吾 コメント

白石監督とお仕事できてとてもうれしいです。今までぼくが演技したことのないような役と世界観で、この映画のこのストーリーの中に入れることがとても楽しみです。石巻の空気がこの映画の中に溢れおさまったら嬉しいです。

白石和彌 コメント

香取慎吾さんというスターを迎えての映画、とてもワクワクしています。映画作品としても自分としてもステップを踏めている気がして楽しみでしかありません。今回、「喪失と再生」をテーマに香取さんと映画をやってみたいと思いました。香取さんのスター感を若干消しながらも、人の生きる強さや優しさといったものに香取さんとならば触れられると思いました。そこを一緒に探していけたらと思っています。

(c)2018「凪待ち」FILM PARTNERS

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play