Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」完成披露イベントの様子。

白洲迅が岡本夏美を「頭張ってた」と称賛、「BACK STREET GIRLS」ゴクドルズがライブ

ナタリー

19/1/21(月) 17:27

「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」の完成披露イベントが本1月21日に東京・渋谷WOMBにて行われ、キャストの白洲迅、柾木玲弥、花沢将人、岡本夏美、松田るか、坂ノ上茜、監督を務めた原桂之介が登壇した。

本作は、ジャスミン・ギュのマンガを映画化した“極道女体化アイドルコメディ”。不始末の落とし前をつけるため全身整形させられ、アイドルグループ・ゴクドルズとしてデビューした極道の男3人が、葛藤を抱えながらもアイドルとして成長していくさまを追う。

白洲、柾木、花沢が女性化した姿を演じた岡本ら女性キャスト陣は、男らしく見せようと白洲らの言動を観察していたため、苦労をしていたと語る。松田は「いろいろやって努力した結果、終盤は電車に乗るときも足を開いてました」と明かし、岡本、坂ノ上も「わかる!」「私たち終盤の撮影中はすごく口悪かったよね」と同意。原は「撮影中、女の子たちを女子としてかわいいと思ったことはなかったです。で、アフレコのときに久々にお会いして『かわいいじゃん!』と衝撃を受けました」と述べると、岡本ら女性陣は「おいおいおい!」とツッコみ、観客を笑わせた。

続いて男性キャストたちが、女性陣の印象を語っていく。白洲は岡本に対して「最初に岡本さんに会って安心しました。一番年下なのにリーダーシップがあって、現場でもしっかり頭を張ってました」と述べた。花沢が松田について「よくもまあこんなに整形に成功したなという感じ」と冗談を交えて語ると、原は「花沢さんから松田さんに変化するのがパーツ的に一番スムーズでした」と明かす。柾木は坂ノ上との顔合わせを回想し「同じ人間を演じる者同士、役についてすり合わせをしなくちゃいけなかったんですが、僕が人見知りであんまりお話できなかったんです。でも途中がんばってたくさんコミュニケーションを取れたので、なんとかなりました」と述懐。坂ノ上は“がんばっていた”柾木との会話を思い返し、「1秒に1回質問されて、早く答えないと怒られるんじゃないかと思いました」とジョークを飛ばし、柾木を苦笑させた。

本作の実写化について原は「東映のヤクザ映画の歴史や、ピンキーバイオレンスも歴史もある中で、ハードルが高いと思ってました」と語り、「ちょうど1年前は撮影してました。映画はお客様にご覧いただいて初めて苦労が報われます。楽しんでいただければと思います」と語る。白洲は「いよいよこの作品が世に出ることがとてもうれしく、怖く(笑)、いろんな気持ちになっています。ご覧いただいて内容がよくても悪くても、いろんな形で周りの人にオススメしていただければと思います」と述べた。

イベントでは岡本、松田、坂ノ上らゴクドルズが、劇中歌をライブ形式で披露。岡本らはアップテンポな「恋して▽愛して▽養って▽」「ゴクドルミュージック」を立て続けに歌い、観客も曲の合間にメンバーの名前を叫ぶなどしてテンションを上げていく。「恋のサカズキ」の演奏が始まると白洲、柾木、花沢もステージに現れて岡本らと息の合ったダンスを見せ、観客をさらに沸かせていた。

「BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-」は2月8日より全国で公開。

※文中の▽は白抜きハートマークが正式表記

(c)2019映画「ゴクドルズ」製作委員会

アプリで読む