Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

北山宏光

キスマイ北山宏光、理想の家庭像に“一姫二太郎”強調

ナタリー

19/1/26(土) 18:29

本日1月26日に東京・NEW PIER HALLで映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」の完成披露会見が行われ、北山宏光(Kis-My-Ft2)、多部未華子、筧昌也監督が出席した。

「トラさん~僕が猫になったワケ~」はマンガ雑誌「YOU」で連載されていた同名マンガを実写化した作品。酒とギャンブルに溺れる売れないマンガ家・高畑寿々男がある日交通事故で死んでしまうも、あの世の“関所”で1カ月の執行猶予を言い渡され、猫となって家族の元で過ごす様子が描かれる。作中では寿々男役を北山、その妻・奈津子役を多部、娘・実優役を平澤宏々路がそれぞれ演じている。

作中では“猫スーツ”を着用して猫を演じている北山。映画初出演にして初主演となる彼は、オファーを受けたときの心境について「マネージャーさんから『映画が決まったよ。猫なんだけどね』と言われて。初主演をやらせていただく中で、自分の中でものすごく挑戦だと思いました」と語った。北山は現場の空気について「僕の主観ですと、ものすごくよかったです。家族の話だったので、どんなくだらない会話でもいいから裏で話をして距離を詰めましたね」と振り返り、多部が休憩中に楽屋で小説を読んでいたときに、北山が「どうせ頭に入らないんだから、一緒に飯食おうよ」と話しかけたエピソードも明かす。多部は「話しかけられたら、やめざるをえないですよね。携帯触ってるときも本読んでるときも関係なく、話しかけてくるんですよ。その精神力がすごい」と述べ、北山と報道陣を笑わせていた。

北山は初めて“猫スーツ”を着たときの心境について「俺、これでいくんだって気合いを入れました。どれだけ動きが制限されるかわからなかったので」と語りつつ、「意外に俺、いけるなと思いました」と自信をのぞかせる場面も。猫姿へのKis-My-Ft2メンバーのリアクションを尋ねられると、宮田俊哉から「マジか……! すげーな!」と驚かれたことを明かしつつ、「みんな『どういうことなの?』って話を聞きにきてくれて、『早く観たいな』って言ってましたね」と語った。家族の物語にちなんで、理想の家庭像について問われると、北山は一瞬考え「一姫、二太郎」と回答。「家族構成ですか!」とMCから突っ込まれるも、「そこには幸せな家庭があると思います。理想の家族構成は、一姫二太郎です」と強調した。最後に北山は「家族という関係を通して、こんな形の愛もあるんだなと、観てくださった方にたくさんの愛が届けばいいなと思っています。ぜひとも劇場に足を運んでください」と映画をアピールし、会見を締めくくった。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える