Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「おいしい家族」より。

板尾創路が映画「おいしい家族」出演、亡くした妻の服を着て暮らす父親役

ナタリー

19/1/23(水) 8:00

今秋公開予定の映画「おいしい家族」に板尾創路が出演する。

「おいしい家族」は、ふくだももこ監督が自身の短編映画「父の結婚」を長編映画として新たに作り直した作品。東京で働くキャリアウーマン・橙花(松本穂香)が母の三回忌に実家の離島に帰ると、父・青治(板尾)が母の服を着て生活しており、さらに「この人と家族になる」と居候の男性・和生(浜野謙太)を紹介するというストーリーだ。不思議な状況をなかなか飲み込めなかった橙花が、自分らしく生きることの大切さに気付いていく様子をユーモアを交えて描く。

「父の結婚」にも出演していた板尾は「短編はショートケーキで、長編はバースデーケーキのようで、みんなに味わってほしいと思える、おいしい映画になりましたとさ」とコメント。また伊豆諸島での撮影については「(本作が)島に行ってみたくなったり、劇中の料理を食べたくなったりする経済効果も生んでしまったりしてることに気付いているのは私だけでしょうか?」と語っている。

板尾創路 コメント

前回の短編のときはフイルム撮影ということもあったので監督がカットかけるのが早かったが、今回は長かったし、酒も強くなってたし、美人になってた。短編の「父の結婚」はショートケーキで、長編はバースデーケーキのようで、みんなに味わってほしいと思える、おいしい映画になりましたとさ。
風景があり、町があり、そこに人が居て、そしてドラマがある……。映画の王道を捉えつつ、監督の理想郷アイランドを表現していて、家族や友人のことがまた好きになる作品です。その島に行ってみたくなったり、劇中の料理を食べたくなったりする経済効果も生んでしまったりしてることに気付いているのは私だけでしょうか?

松本穂香 コメント

主演のお話を受けて、「経験もほとんどない私が主演で大丈夫かな?」と撮影前は不安な気持ちがありましたが、監督やスタッフさんたちと話をして作品と向き合っているうちに、みんなでいい物を作ろうという気持ちに変わっていました。
脚本は1ページ、2ページ、気付けばあっという間に読み終えていました。「この世界に自分が行けるんだ」「この役を演じられるんだ」とワクワクソワソワしたのを覚えています。
ふくだ監督は、これは愛の映画だと伝えてくれました。キャストだけでなく、監督、スタッフさんたち、この映画に関わったすべての人の愛が詰まっている映画です。皆さんにも、自分が思う愛と重ね合わせて、観ていただきたいです。

浜野謙太 コメント

和生はある意味、かき混ぜる存在なので「真意はどこにあるのだろう?」と思いながら読み進めましたが、かき混ぜた状態自体が愉快で幸せで。愛は形ではなくて、感じればいいのだなと思いました。
若い面々のパワーが弾けてる作品になっています。松本さんを筆頭に若く素晴らしい俳優の方々がたくさん、そしてももこさん。おっちゃん照れてしまうくらいのとこもありましたが、激しく弾けてるから感動するんです。

ふくだももこ コメント

自分の撮った短編映画が長編映画として公開されるなんて、めっちゃラッキー!!! 信頼し、尊敬するスタッフ・キャストのおかげですべての作業が最高に楽しかったです! 早くいろんな人に観てもらいたい!
思想のある映画が好きです。この映画では、小さな島の1つの家族を通して、私の考えるユートピアを描こうと決めていました。どんな姿でも、何になりたくても、誰を好きでも、なんでもええやんって。必要なことは、自分を大切にして、人に優しくすることだと思っています。たったそれだけのことが難しい世界ですが、これからも信じて映画を作っていきたいです。

(c)2019「おいしい家族」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える