Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「斬、」ポスタービジュアル

塚本晋也「斬、」がシッチェス・カタロニア映画祭で最優秀音楽賞を受賞

ナタリー

18/10/16(火) 11:49

塚本晋也監督作「斬、」が、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭の最優秀音楽賞を受賞した。

「鉄男」以降、ほとんどの塚本作品に携わってきた石川忠の音楽が使用されている本作。石川は本作の編集中であった2017年12月に死去。塚本が過去の石川の作品や、石川の自宅に残されていた楽曲の断片を聴き、映像に合わせて音楽を付けていった。

「斬、」は江戸時代末期の江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄される浪人と彼に関わる人々を描いた本作。池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本が出演した。11月24日より東京・ユーロスペースほか全国で公開される。

なお同映画祭では、アニメーション部門で細田守の監督作「未来のミライ」が最優秀長編作品賞を獲得。ファンタスティックディスカバリー部門でも岡田麿里の「さよならの朝に約束の花をかざろう」が受賞した。

※塚本晋也の塚は旧字体が正式表記

(c)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER