Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「mspo」発表会見の登壇者たち。

麒麟やパンサーが100万円分の賞品かけたゲーム対決、和牛水田は失態

ナタリー

18/9/28(金) 12:29

本日9月28日、モバイルゲーム向けサービス「mspo(エムスポ)」の発表会見が東京・ヨシモト∞ホールで開催され、麒麟、和牛、パンサー、タケト、横澤夏子が出席した。

パンダのロゴが目印の「mspo」は吉本興業、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、サイバーエージェントの3社による新たな取り組み。モバイルゲームで遊んで貯めたポイントを、Amazonギフト券やdポイントと交換できるサービスだ。崖の上に動物を積み上げていく「どうぶつタワーバトル」、机の上で消しゴムをはじいて競い合う「消しゴム落とし 戦」といった無料ゲームが対象となっている。

タケトと横澤がMCを務めた本日のイベントでは、麒麟、和牛、パンサーがmspo公式アンバサダーの候補として登場。3組が“動物の名前芸人”として招かれたことが明かされると、麒麟・川島は「今日来られなかったであろうさかなクンの分までがんばりたい」とコメント。一方、パンサー尾形は「私は大学時代、八王子でよくナンパしていて『八王子のハイエナ』と呼ばれていました。昔はハイエナで、今はパンサー。これは(アンバサダー就任に)相当期待できますよ!」と熱く語るが、タケトから「すごくよくないエピソード! 奥さんもいるのにいいんですか!? そもそもハイエナってしつこいし、人のものを取っていくってことじゃないですか!」とツッコまれてしまった。

結果的にアンバサダーに任命されたのは麒麟。和牛とパンサーが不満げな表情を見せる中、川島は「コンビ名を決めるとき『難しい漢字2文字にしよう』と決めていて、一番の候補が『薔薇』だったんです(笑)。麒麟にして本当によかった」と語り、田村は「幼少期にゲームを買ってもらえなかったので、今はモバイルゲームが大好き。mspoを広めるために一役買えればと思っています!」と意気込んだ。

その後、横澤、和牛、麒麟、パンサーが「どうぶつタワーバトル」で競うトーナメント企画が行われることに。優勝者にはmspoのポイント100万円分が与えられることが発表されると、一同は「100万円はでかすぎるでしょ!」「ガチのケンカになる可能性ありますよ?」と騒然となった。バトルでは、横澤と争っていた和牛の水田が1匹目の動物を崖から落としてゲームオーバーに。初心者でもしないような大失態を一同に責められると、「これくらいギリギリを攻めても楽しいんだよということを伝えたかった!」と必死に言い訳をして笑いを誘った。

トーナメントでは最終的にアンバサダーの麒麟が優勝し、川島は「こんなに楽しく遊んだだけで100万円分もらえる……人生でこんな不労所得は初めて!」と喜びのコメント。「Amazonでめっちゃ炭酸水買ってる」という田村も「今月給料が少なかったので本当にうれしい! 嫁の喜ぶ姿が目に浮かびます」と感激していた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play