Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ジュディ・デンチも絶賛 『ヴィクトリア女王』インド人俳優アリ・ファザルの特別映像公開

リアルサウンド

19/1/7(月) 11:00

 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』のスティーヴン・フリアーズ監督最新作『ヴィクトリア女王 最期の秘密』より特別映像が公開された。

参考:12月9日は84歳の誕生日 ジュディ・デンチが語る『ヴィクトリア女王 最期の秘密』特別映像

 本作は、『恋におちたシェイクスピア』のジュディ・デンチが主演を務める人間ドラマ。最愛の夫と従僕を亡くし、長年心を閉ざしてきたヴィクトリアと、彼女が心を許した、英領インドからイギリスへとやってきたアブドゥルの関係性を描き出す。

 アブドゥル役に抜擢されたのは、『きっと、うまくいく』『ワイルドスピード SKY MISSION』のアリ・ファザル。2017年の『ヴァラエティ』誌「観るべき10人の俳優」に、『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメや『ゲット・アウト』のダニエル・カルーヤらと並び選出されたインド人俳優だ。

 今回公開された特別映像では、素直で正直な性格、容姿端麗さで、心を閉ざしていたヴィクトリア女王を魅了していくアブドゥルを演じたファザルについて、本作のキャスト、監督、プロデューサーらが語る様子が映し出されている。

 インド現地で行われたというオーディションで監督の目にとまったファザルは、インドからイギリスへやってきたアブドゥル同様、初めてイギリスへ。ヴィクトリア女王役のデンチは、初めてファザルに会った時の印象を「孤独で疲れた人が突然彼のような素晴らしいハンサムな若者に出会ったら、“なんて素敵。この人ならお話してみたい”と思うに違いないわ」と語っている。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える