Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

アピチャッポン特集上映が今夏開催 『ブンミおじさんの森』など長編3作品

CINRA.NET

18/7/11(水) 8:00

特集上映『アピチャッポン・イン・ザ・ウッズ 2018<船出の前に---もう一度アピチャッポン>』が、8月11日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

タイ出身の映画監督で美術作家のアピチャッポン・ウィーラセタクン。2016年に東京・恵比寿の東京都写真美術館で個展『亡霊たち』を開催し、2017年には『国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2017』で、舞台作品『フィーバー・ルーム』を上演した。『光りの墓』を発表して以来となる長編映画の次回作はコロンビアで撮影され、アピチャッポン・ウィーラセタクンのビデオインスタレーション作品に出演経験がある女優のティルダ・スウィントンが主演に決定している。

同イベントでは、アピチャッポン・ウィーラセタクンの映画作品を特集。上映されるのは『第63回ヴェネチア国際映画祭』に出品された2006年の作品『世紀の光』、『第63回カンヌ国際映画祭』のパルムドールを受賞した2010年の作品『ブンミおじさんの森』、『第68回カンヌ国際映画祭』のある視点部門に出品され、2016年に日本公開された『光りの墓』の全3作。さらに一部の回で、短編作品『国歌』や監督本人のメッセージ動画が上映される。

アプリで読む