Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『夫のちんぽが入らない』ドラマ化、石橋菜津美&中村蒼が夫婦役でW主演

CINRA.NET

18/7/1(日) 7:00

こだまの著書『夫のちんぽが入らない』がドラマ化され、フジテレビオンデマンド、Netflixで配信される。

『夫のちんぽが入らない』は、2014年5月に行なわれた『文学フリマ』で販売された同人誌『なし水』に収録された主婦こだまの自伝に加筆修正し、2017年に書籍化されたもの。夫と交際してから約20年、夫の男性器が「入らない」女性がこれまでの自分と向き合う様を綴った作品だ。

ドラマでは主人公の渡辺久美子役を石橋菜津美、夫の渡辺研一役を中村蒼が演じる。演出は映画『百万円と苦虫女』『四十九日のレシピ』などで知られるタナダユキ、脚本はタナダユキとたびたびタッグを組んでいる黒沢久子が担当する。配信は2019年を予定。

石橋菜津美のコメント

原作を知っていたか
タイトルが衝撃的で、 こんなにストレートなタイトルの本は是非、 読みたい!読まなければ!とドキドキしながら、 手に取ったのを覚えています。

ドラマ化について
もし、 実写化されたら『絶対に私がやりたい』と思った作品だったので、 オーディションの話が来た時には、 『きた!』と思いました。 想い続けていた役を前に、 嬉しさと恐怖のせめぎ合いで、 震えながらオーディションを受けたのを覚えています。 久美子に決まったと連絡を頂いた時は本当に嬉しかったです。

実際に演じた感想
中村蒼さんがいるだけで、 研ちゃんと久美ちゃんの関係に自然になれますし、 勝手ながら、 少し似た者同士のようなタナダ監督と、 久美子の事を考えて作っていける毎日が楽しいです。 本当にいい環境で作品に関わらせて頂いてます。 後悔しないように不器用でかわいい久美子をやりきりたいなと思っております。

中村蒼のコメント

原作を知っていたか
元々原作のことは知りませんでした。まずタイトルに衝撃を受けましたが中身はさらに違った衝撃を受ける作品でした。言葉にすると軽くなってしまいそうですが、筆者のこれまでの苦悩を考えるととても辛い気持ちになりました。そしてノンフィクションだったことにさらに驚きました。

ドラマ化について
台本を読んでまず普通ってなんだろうと思いました。自分が普通だと思う感覚は自分にしか当てはまらないなと。世間一般の考えと違うことが責められがちな世の中ですが、そうでなくても誠実に懸命に生きていけばそれで良いんだと思いました。2人だけの普通と2人だけの幸せ、愛の形を見出して前向きに生きて行く姿をみてとても応援したくなりました。そしてそんな作品に出られて光栄です。

実際に演じた感想
この作品に登場する夫婦はとても幸せでお互いを想ってます。でも想ってるが故に気持ちをぶつけられなかったりすれ違ったりするシーンが幾度もあり、とてももどかしい気持ちになりました。でも互いを想って力強く生きるこの夫婦が世界中の人々から愛されると良いなと思います。

清水一幸プロデューサー(フジテレビ)のコメント

この衝撃的なタイトルの作品を書店で見つけたとき、 手に取らずにはいられませんでした。 読んでみて思ったのは、 タイトルから来る印象とは全く違った“夫婦の愛の形”でした。 すぐに『これを映像化したい!』と考えましたが・・・まさか自分がプロデュースできることになるとは思いませんでした(笑)。
さらに演出のタナダさん、 脚本の黒沢さんと、 思い描いた通りのメンバーで制作に踏み切ることができ、 キャストも久美子役のオーディションでは全員一致で石橋菜津美さんに決まり、 研一役は中村蒼さんにオファーしたところ「是非やりたい!」と言ってくださり、 とっても素敵なキャスティングになりました。
“普通”とはなにか?“当たり前”とはなにか?“愛“とはなにか?を考えられる、 一つの夫婦の壮大なるラブストーリーに仕上がっていると思います。 石橋さんと中村さんの熱演をお楽しみに!