Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

堀未央奈、齋藤飛鳥主演『ザンビ』出演決定 「極限まで追い詰められている表情が見られます!」

リアルサウンド

18/12/19(水) 16:00

 乃木坂46の堀未央奈が、2019年1月23日から放送されるドラマ『ザンビ』(日本テレビ)に出演することが決定した。

参考:乃木坂46 齋藤飛鳥、『ザンビプロジェクト』第2弾で連続ドラマ初主演決定

 2018年7月に行われた乃木坂46の『真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』の中で突如始動が発表された『ザンビ』プロジェクト。 第1弾として、乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の三坂道が初競演する舞台『ザンビ』を11月16日から25日まで TOKYO DOME CITY HALLにて上演。チケット36000枚は即日完売し、大好評のうちに終了した。その千秋楽にて発表された、プロジェクト第2弾となる連続ドラマとなる本作は、仲間の友情と絆を描くヒューマン学園ドラマ。ある日、修学旅行中のバスの故障で見知らぬ村に行き着き、廃屋で一夜を過ごすことになった少女たちは、その夜、まどろみの中、不気味な音を聞く。その後、フリージア学園で日常が戻ったかのように見えた少女たちに、次々と不思議な現象が起こりはじめる。

 今回、主演を務める乃木坂46の齋藤飛鳥に続き、主演映画『ホットギミック』の公開を2019年6月28日に控える堀の出演が決定。堀が演じるのは、齋藤演じるクールで感情をあまり表に出さない孤高なタイプの山室楓のクラスメイトで、成績優秀でクラスの中心人物となる学級委員長・諸積実乃梨。フリージア学園に通う2人は、お互いに認め合い、支え合う仲という設定だ。楓役の齋藤と実乃梨役の堀の姿を捉えた場面写真も初公開された。

【堀未央奈 コメント】
■このドラマの出演を最初に聞いたときの感想
もともとホラー作品が好きだったので嬉しかったですし、わくわくしました。本格的にお芝居するのは初めてだったので、不安ももちろんありましたが、ここで色々なことを吸収して勉強できたらいいなと思いました。

■諸積実乃梨という役について
学級委員でしっかりしていて自分よりも他の子を優先して動くような子です。私も学生時代学級委員だったんですけど、実乃梨ちゃんは怖がりだったり、友達関係がうまくいっていなかったり、自分自身の悩みも抱えているのに、いつも冷静にまわりを見ることができていて、私自身よりも大人だなと思いました。「守られる」というより、「誰かを守ってあげたい」と思う気持ちがあるところにはすごく共感しました。

■実際演じてみて
最初はまだ役に対するイメージがふわふわしていて、お芝居をしていても「これでいいのかな?」と思うことが多かったです。ドラマの中盤、あるシーンをきっかけに今まではセリフを実乃梨として発していたけれど、もし自分の友達が本当にこんな状況になったとき、私ならどんな声をかけるかな?と考えたら、実乃梨のセリフや表情が自分の心の底から出てくるものになりました。考えてつくったものより、瞬発的に出たものの方が、見ている人に伝わるんじゃないかなと思えた瞬間でした。そこから吹っ切れて、撮影中消費するエネルギーも増えて大変でしたが、お芝居がすごく楽しくなりました。

■齋藤飛鳥との共演について
私は緊張しいなので気持ちに波があるときもあるんですけど、飛鳥は普段から落ち着いていて、言葉のひとつひとつが洗練されている人なのでそれがお芝居にも出てるなと思いました。二人のシーンが多かったんですけど、現場でお芝居についての相談はあまりしなかったです。でも撮影が終わって少し経ってから、飛鳥が「堀ぴーだったから、あのお芝居ができたんだと思う」と言ってくれました。飛鳥は普段あまり直接そういうことを言わないから、その言葉を聞いてとても嬉しかったです。

■ドラマの見どころ
あまり今まで見せたことのない私たちが極限まで追い詰められている表情が見られます! 怖いところは怖いですが、友情や絆など観ていてぐっとくるところもたくさんあるので楽しみにしていてください。

(リアルサウンド編集部)