Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

コップ積み“かさね”バトルのスタートに構える芳根京子(左)と土屋太鳳(右)。

「累」土屋太鳳と芳根京子が“劣等甲子園”で3番勝負!高級焼肉店にギラギラ

ナタリー

18/8/30(木) 20:20

「累-かさね-」の公開直前イベントが本日8月30日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの土屋太鳳、芳根京子、監督の佐藤祐市が出席した。

松浦だるまのマンガを原作に、不思議な口紅を使って互いの顔を入れ替える対照的な2人の女優を描いた本作。抜群の演技力を持つが顔に大きな傷を持つ累と、美貌に恵まれているが演技力に欠ける女優ニナが登場する。

この日は土屋が全身白 、芳根が全身黒のドレスをまとい壇上へ。“劣等甲子園”と題し、2人は映画の内容にちなんだガチンコ3番勝負を繰り広げた。賞品は高級焼肉店の目録。「大好きなきょんちゃんでも気迫に負けないようがんばります! お肉が呼んでるので」と意気込みを述べる土屋に、焼肉に高揚した芳根は「やる気だけはすごくあります! がんばります!」と目をギラつかせた。

1本目は赤いコップをより高く“かさね”たほうが勝利となるバトル。芳根は「教えてあげる。劣等感ってやつを!」と劇中のセリフを本番さながらの雰囲気で披露し、一方の土屋は「調子に乗ってんじゃないわよ。偽物風情が!」と照れながらもセリフで応答した。バトルの制限時間は1分。2人ともピラミッド型にコップを積み重ねていく手法を取り、序盤は芳根が一歩リードする。しかし30秒を過ぎたあたりで、芳根のタワーがグラつきクラッシュ。順当にピラミッドを形成した土屋の圧勝かと思いきや、芳根はすさまじい瞬発力で垂直にコップを積み重ねていく。結果は土屋が69cm、芳根が85cmとなり、軍配は芳根へ。この手法に土屋は「なるほどね……」と悔しさをにじませながら、拍手を送った。

続いて目隠しをした2人は、顔のパーツを用いて互いの顔面をより美しく形作ったほうが勝ちとなる福笑いに挑戦。最初に目を持った芳根は「どっちの目?」と混乱しながら「右目だ! エイッ!」と勢いよく貼り付ける。一方の土屋は、指で位置を測りながら慎重にパーツを配置していく。最後に2人は口紅を塗り、顔を完成させた。芳根は福笑いの出来栄えに「誰!?」とキョトンとした様子を見せながら、「口の位置はめっちゃいい」と自画自賛。土屋は芳根が形作った自分の顔に「面白いけどな」と勝負はいざ知らずといったコメントをする。佐藤による厳正な審査の結果、軍配は土屋に上がった。

勝ち点1ずつで迎えた最終決戦では、口に加えたピンでより多くの風船を割ったほうが勝者に。会場には「累」と書かれた赤と黒の風船が続々と運び込まれる。土屋は「お祭りみたい」と目を輝かせ、芳根は「累累累累累累」と無数の風船に目を奪われた様子。すかさず試合運びをシミュレーションし始めた土屋とは対照的に、芳根は「破裂音が怖いんです」と吹き矢のポーズを決めながら、距離をとって風船を割る方法がないか模索していた。決戦の火蓋が落とされると、2人はキツツキのように勢いよく風船にピンを突き刺していく。僅差の勝負となったが、土屋が58個、芳根が60個の風船を割り、3番勝負の行方は芳根の勝利で終わった。

佐藤から目録を贈呈された芳根は「いい運動になりましたー(笑)」と顔を緩ませながら「ありがとうございます!」と大喜び。そして「でも(焼肉は)太鳳ちゃんと行きたい!」と提案し、土屋は「そんなうれしいこと言ってくれるの……」と声を震わせながら「食べたい! きょんちゃんと行きたい!」と心躍らせる。2人の“劣等甲子園”は、ほっこりムードで幕を閉じた。

「累-かさね-」は9月7日より全国でロードショー。

(c)2018映画「累」製作委員会 (c)松浦だるま/講談社

アプリで読む