Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

片寄涼太

片寄涼太、ギャップ楽しめる1st写真集は「どこを切り取っても王子」

ナタリー

18/8/7(火) 20:45

片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)の1st写真集「グッバイ、ホワイト」が、日本と中国で本日8月7日に同時刊行。それを記念したイベントが東京・THE GRAND HALLにて行われた。

“ファッション”という言葉を軸に制作された本書。撮り下ろし写真のほか、メンバーへの思いや役者としての立ち位置、女性観、将来のビジョンなどを明かしたロングインタビュー、111に及ぶQ&Aやオフショットアルバムなども収められている。

約1000人のファンとのハイタッチ会を前に、囲み取材に応じた片寄。お気に入りのページを尋ねられると、彼は「きっとみんな、小さな嘘で自分を鎧いながら生きている」という、作詞家の小竹正人による詩が添えられたページを選び「ドキッとするような詩が写真に載っているページがお気に入り。写真と言葉が載っているページは深みが出ていて化学反応と言うか、そういったところを楽しんでいただけたら」と理由を述べる。そして「写真集に点数を付けるなら何点?」という質問には「小竹さんに言葉をもらって、宝物のような1冊になったので……自信満々の満点。でも謙虚に」と笑顔を見せた。

続いて、片寄は写真集の見どころを「ホテルで撮った大人っぽい写真や浅草を歩きながら撮ったかき氷を食べている写真もあって、ギャップを楽しめる。少しずつ大人になっていって、若さが消えていくのかなと思うので……今のうちに(若さを)残せた写真集になりました」と説明し、「東京で撮影して、アジア8エリアでの発売になったので次はアジアで撮影した写真集ができたら」と次回作にも意欲を見せる。「王子感は詰まっていますか?」と自身の“王子キャラ”にちなんだ問いには、「どこを切り取っても王子な写真集になっています」と胸を張って答えた。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play