Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

2019年に上演決定、松本白鸚の「ラ・マンチャの男」に瀬奈じゅんら

ナタリー

18/8/17(金) 11:08

松本白鸚が主演・演出を務めるミュージカル「ラ・マンチャの男」が、来年2019年9月に大阪、仙台、名古屋、10月に東京・帝国劇場で上演される。

スペインの小説「ドン・キホーテ」を原作とし、1965年にアメリカ・ブロードウェイで初演、翌66年のトニー賞ではミュージカル作品賞を含む計5部門を受賞したミュージカル「ラ・マンチャの男」。日本では1969年の初演から松本白鸚(当時は市川染五郎)が主演し、翌70年にはブロードウェイのマーチンベック劇場にて現地の俳優と全編英語で60ステージを務めた。その後今日までの上演回数は1265回を数えている。

日本初演から50年を記念する今回の上演版では、ドン・キホーテが“想い姫ドルネシア”と慕うアルドンザ役を瀬奈じゅんが演じるほか、駒田一、松原凜子、石鍋多加史、荒井洸子、祖父江進、宮川浩、上條恒彦らがキャスティングされた。チケットの情報については続報を待とう。

松本白鸚コメント

1969年の帝国劇場での初演以来50年、来年2019年の喜寿に「ラ・マンチャの男」をまた演じることが出来るのは、唯々「感無量」のひとことに尽きます。決して煌びやかで明るくなく、寧ろ暗く重い哲学的な内容の「ラ・マンチャの男」が半世紀を経てもお客様に支持を頂けることは、私にとっては、まるで奇跡の様に思われます。

日本初演50周年記念公演 ミュージカル「ラ・マンチャの男」

2019年9月
大阪、仙台、名古屋

2019年10月
東京都 帝国劇場

脚本:デール・ワッサーマン
作詞:ジョオ・ダリオン
音楽:ミッチ・リー
訳:森岩雄、高田蓉子
訳詞:福井崚
振付・演出:エディ・ロール(日本初演)
演出:松本白鸚

キャスト

セルバンテス / ドン・キホーテ: 松本白鸚
アルドンザ: 瀬奈じゅん

サンチョ:駒田一
アントニア:松原凜子
神父:石鍋多加史
家政婦:荒井洸子
床屋:祖父江進
カラスコ:宮川浩
牢名主:上條恒彦

隊長:鈴木良一
ギター弾き:ICCOU
ペドロ:大塚雅夫
ムーア人の娘:真田慶子
マリア:白木美貴子
フェルミナ:北川理恵

美濃良、山本真裕、佐々木誠、小川善太郎、宮河愛一郎、照井裕隆、楢原じゅんや、山本直輝、北村圭吾、大塚紫文、宮川智之、斉藤義洋、飯田一徳、堀部佑介、島田連矢、齋藤信吾、加藤貴彦、下道純一、高木勇次朗、高田実那

※高田実那の「高」ははしご高が正式表記。

アプリで読む