Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

劇団ハーベスト 第14回公演「DOLL」チラシ表

劇団ハーベスト次回作は如月小春「DOLL」、山本萌花&加藤梨里香が意気込み

ナタリー

18/6/28(木) 20:45

劇団ハーベスト「DOLL」が、8月1日から5日まで東京・小劇場B1で上演される。

劇団NOISEの旗揚げ公演で上演された「DOLL」は、高校生とのエチュードを積み重ねながら如月小春が書き上げた戯曲。劇団ハーベストの第14回公演となる今回は、劇団メンバーと劇団レトロノートの中村公平が共同で演出を担当する。

“x”と“y”、2パターンの配役で上演される本作には、メンバーの山本萌花、加藤梨里香、高橋紗良、広瀬咲楽、望月瑠菜、川畑光瑠、弓木菜生、篠崎新菜、宮武佳央、葛岡有が出演。上演にあたって主宰の山本は「これまで積み上げてきた劇団の力・そして役者一人一人の力を、さらに強めていけると感じております」「この夏、劇団ハーベストは、さらに飛躍します!」と抱負を述べ、座長の加藤は「本公演としては初めて劇団員のみの出演です。しかも全公演全員出演ですが、xとyという謎の記号。きっとこの夏も大豊作です」と意気込みを語った。

山本萌花コメント

女優として根強く生きていきたいと望む劇団員全員で、今夏の上演作品として「DOLL」に決めさせていただきました。無数にある演劇作品の中でも特に、人の数だけ解釈の仕方があるだろうと言える本作。つくりあげることは、決して簡単なことではないと覚悟した上での選択です。そうして挑む第14回公演は、これまで積み上げてきた劇団の力・そして役者一人一人の力を、さらに強めていけると感じております。作者である如月小春さんが「DOLL」で伝えたかった事と私たちが感じる事、混ざり合って大きな力で作品をつくりあげます! この夏、劇団ハーベストは、さらに飛躍します!

加藤梨里香コメント

劇団ハーベストの今までに「挑戦」という言葉はどうしたって欠かせません。
今回も気づけば挑戦の嵐。
だけど必ず自分たちのものにしてみせるんです。
本公演としては初めて劇団員のみの出演です。
しかも全公演全員出演ですが、xとyという謎の記号。
きっとこの夏も大豊作です。
劇場に収穫しにいらいてください。
大人も学生もお待ちしています!

劇団ハーベスト 第14回公演「DOLL」

2018年8月1日(水)~5日(日)
東京都 小劇場B1

作:如月小春
演出:中村公平×劇団ハーベスト
出演:山本萌花、加藤梨里香、高橋紗良、広瀬咲楽、望月瑠菜、川畑光瑠、弓木菜生、篠崎新菜、宮武佳央、葛岡有