Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

カクシンハン POCKET08「『冬物語』~現実と夢幻のデッド・ヒート~」より。

カクシンハン「冬物語」開幕に木村龍之介「“演劇の力”体感しにきて」

ナタリー

18/7/29(日) 13:42

カクシンハン POCKET08「『冬物語』~現実と夢幻のデッド・ヒート~」が、去る7月27日に東京・ウエストエンドスタジオで開幕した。

本作はカクシンハンが、“シェイクスピアを手軽に体感できる”というコンセプトのもとに展開しているPOCKETシリーズの第8弾。今回はウィリアム・シェイクスピアのロマンス劇「冬物語」を、松岡和子の翻訳、木村龍之介の演出で立ち上げる。出演者にはカクシンハンのメンバーをはじめ、島田惇平、天才劇団バカバッカ / 朝劇 西新宿の野村龍一が名を連ねたほか、ドラマーのユージ・レルレ・カワグチが演奏を担当する。

開幕に際し木村は、「『人間の想像力とはこんなにも果てしなく自由なのか!』と今を生きる僕らに感動と喜びをもたらしてくれます」と本作をアピールし、「劇場へ『演劇の力』を体感しにきてください!」と呼びかけた。上演時間は休憩を含めた約2時間20分。公演は7月31日まで行われる。

木村龍之介コメント

シェイクスピアの「冬物語」は、優れた現代小説のように、荒唐無稽でありながら確かな説得力を持つ、傑作戯曲です。「人間の想像力とはこんなにも果てしなく自由なのか!」と今を生きる僕らに感動と喜びをもたらしてくれます。俳優とドラムと観客とのセッションで、そんな奇跡的な体験をお届けします。劇場へ「演劇の力」を体感しにきてください!

カクシンハン POCKET08「『冬物語』~現実と夢幻のデッド・ヒート~」

2018年7月27日(金)~31日(火)
東京都 ウエストエンドスタジオ

作:ウィリアム・シェイクスピア
翻訳:松岡和子
演出:木村龍之介
出演:河内大和、真以美、岩崎MARK雄大、井上哲 / のぐち和美 / 島田惇平、野村龍一 / ユージ・レルレ・カワグチ