Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

二階堂ふみ×GACKT『翔んで埼玉』予告編&ポスター公開 主題歌ははなわが歌う「埼玉県のうた」に

リアルサウンド

18/11/12(月) 11:07

 2019年2月22日に公開される映画『翔んで埼玉』の予告編とポスタービジュアルが公開され、主題歌をはなわが担当することが明らかになった。

参考:あの“埼玉ディス”台詞も 二階堂ふみ×GACKTのW主演映画『翔んで埼玉』ビジュアル公開

 魔夜峰央原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』を実写映画化する本作は、二階堂ふみとGACKTがW主演を務める“埼玉ディス”映画。見るからに東京都民だが、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーである東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長・壇ノ浦百美(二階堂ふみ)と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗(GACKT)が出会い、百美が麗に心を惹かれていくことにより、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争が繰り広げられていく模様を描く。『テルマエ・ロマエ』『今夜、ロマンス劇場で』の武内英樹が監督を務め、ブラザートム、麻生久美子、島崎遥香、成田凌、中尾彬、間宮祥太朗、竹中直人、伊勢谷友介、京本政樹らが共演に名を連ねた。

 今回されたポスタービジュアルは、某有名絵画を彷彿とさせる“革命”がテーマに。二階堂演じる壇ノ浦百美が掲げている旗には、「何も無いけどいい所!」という埼玉を自虐した文言が書かれている。また、GACKT演じる麻実麗は、どこか敵を見据えているような表情で、真剣を携えているかと思いきや、埼玉県の名産・深谷ネギを手にしている。

 一方の予告編では、東京から虐げられ、出入りするには通行手形が必要で、さらには、SAT(Saitama Attack Team)という、不正入都した埼玉県人を処罰する特殊部隊が目を光らせている埼玉県の様子が。そんな埼玉県に自由をと解放を企てる、埼玉解放戦線のリーダー・埼玉デュークを演じる京本、それに対立する千葉解放戦線を率いる阿久津翔役の伊勢谷による、埼玉と千葉のどちらの県が通行手形を撤廃できるのかという茶番劇が描かれている。予告編のラストは、にらみ合う埼玉と千葉の軍勢が、なぜかX JAPANのYOSHIKI、THE ALFEEの高見沢俊彦の写真を掲げ、出身地対決を大真面目に繰り広げる展開が繰り広げられている。

 また、本作の主題歌が、はなわが歌う「埼玉県のうた」に決定。2003年にアルバムに収録された楽曲を、本作のために再収録した。(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play