Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第43回エランドール賞新人賞の受賞者たち。左から松岡茉優、中村倫也、永野芽郁、田中圭、葵わかな、志尊淳。

永野芽郁の新人賞を佐藤健がお祝い、「半分、青い。」から志尊淳と中村倫也も受賞

ナタリー

19/2/7(木) 22:43

第43回エランドール賞の授賞式が本日2月7日に東京・新宿京王プラザホテルで開催された。

1956年にスタートしたエランドール賞は、日本映画テレビプロデューサー協会が選出した優れた映画、テレビ作品のキャストやプロデューサーを表彰するもの。授賞式には新人賞に選ばれた「走れ!T校バスケット部」などの志尊淳、「青夏 きみに恋した30日」などの葵わかな、ドラマ「おっさんずラブ」などの田中圭、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」などの永野芽郁と中村倫也、「万引き家族」などの松岡茉優らが出席した。

志尊は「役者として役に向き合う責任。主演をやらせていただく責任。そしてもっとも感じたのは僕個人として責任を負うということを学んだ1年でした」と2018年を述懐。新人賞の受賞に「これからの自分に何ができるのか?」と考えたそうで「僕にできることは今までどおり感謝の気持ちを忘れずひたむきに、役と誠心誠意向き合うこと。今後も一生懸命がんばります」と決意の表情を見せた。お祝いのゲストとして「半分、青い。」で共演した井川遥が駆け付けた。

葵は「昨年は私自身のドラマもあった1年」と振り返る。「出会う人皆さんに育てていただき、今日まで走ってこれた。この賞をいただき改めて周りの方への感謝の気持ちが湧いた。それを少しずつでもお返ししていけたら」としみじみ。続いてNHK連続テレビ小説「わろてんか」 で葵と共演した徳永えりが壇上へ。徳永は花束を贈呈したのち「私はわかなちゃんの笑顔が本当に大好きで。これからもその笑顔をなくさずに楽しく毎日を過ごしていってほしいと思います」とエールを贈る。

「スマホを落としただけなのに」など、映画やドラマに多数出演し2018年にブレイクを果たした田中は、最近、携帯電話の連絡先がすべて消えてしまったときのエピソードを披露。「俳優はブレイクしたら人が変わる」という与太話を「自分としては何も変わっていない」と否定しながら、「そのときに昔から仲良くしているプロデューサー数人と改めて連絡を取ったんです。そしたら全員から『売れたら変わったな』『態度変わるんだな』と言われて」と苦笑い。「俺でも言われるんだ!と驚きましたが、僕は何も変わってません。これからもどんどん上から(目線で)言っていただけると助かります。この賞を励みにがんばります」とアピールした。そして「おっさんずラブ」で演出を担当した瑠東東一郎が花束を手渡し、「僕は本当にラッキーで、僕が大好きな圭くんをまた撮ることができます。圭くん、やってやりましょう。人の心をグルングルン動かす、はるたんをまたお願いします」と映画化の決まっている同作への意気込みを語った。

永野は「どの作品も私の中で輝き続けています」と、芸能界に入った小学3年生のときから関わった作品のすべてに感謝の気持ちを述べる。お祝いには「半分、青い。」で相手役を演じた佐藤健が駆け付けた。佐藤が真面目に撮影現場を回想し始めると、思わずうれしそうに笑みをこぼす永野。佐藤は「いや笑うところじゃないから」とツッコミつつ、永野が演じた楡野鈴愛は泣きのシーンが多かったことを明かす。「彼女は必ずワンテイク目で最高の演技を見せる。何食わぬ顔であまりにも簡単そうに毎回一発OKを出すもんですから、それを当たり前のように感じていました。でも彼女は弱音を吐かないだけで、苦しい顔を僕たちに見せないだけで、裏ではシーン1つひとつにどれだけ準備を重ねて、心を削りながら気持ちを作っていたのか」と永野の俳優としての姿勢をたたえる。さらに「お祝いとは少し違うかもしれませんが、スタッフ・キャストを代表してあらためて感謝の言葉を言わせてください。『半分、青い。』はあなたの存在なくしてあり得ませんでした」と伝えた。

中村は長い下積み時代を振り返り、ある先輩から言われた「お前は何になりたくて、どうしたいんだ?」という言葉を思い返す。「僕はこの仕事が好きで、少しでもいい芝居をして、少しでもいい作品を作って、観てくれるお客さんの人生が豊かになるような、勇気や元気が出るような、そういう体験をしてもらいたい。毎回思い悩んでたどり着くのはこんな思いでした」とコメント。「もしやりたいこと、叶えたいこと、追いかけてることに対して、炎が消えかけている人がいたとしたら、僕みたいな人間でもここに立てたという事実が、その人にとっての薪や燃焼剤になればいいなと思います」と真摯に語った。

そしてサプライズで中村の事務所の後輩である菅田将暉が登場。依頼があったわけではなく、自らの意思で駆け付けたという菅田は「本当にうれしい。本当に大好きな先輩。この晴れやかな舞台に立ち会えることが本当に光栄です」と挨拶し、「こんなにバラエティに富んでいて、ユーモアがあって、こんなにカッコいい人がいるのに、なんでもっと見てくれないのかとずっと思ってました。おめでとうございます」と祝福の言葉を投げかけた。

特別賞を獲得した「万引き家族」の製作チームからは、監督の是枝裕和が代表して謝辞を述べる。「このチームで映画を作り始めてから約5年。信頼関係があったからこそ『万引き家族』のように非常にチャレンジングな企画が成立したと思う。この1本だけでなくこれまでの積み重ねが結実した結果だと思ってます。こうしてチーム全体を評価していただき非常にうれしい。今後もこのチームを継続、発展して、またここに呼ばれたいと思います」と語った。プレゼンターとして登壇した松岡と熱い抱擁を交わす一幕も。

また新人賞の受賞者として再び登壇した松岡は、是枝と三谷幸喜の作品に出ることが高校生の頃からの目標だったと話す。「万引き家族」とスペシャルドラマ「黒井戸殺し」に出演したことでその夢が叶った2018年を「夢のような1年でした」と述懐。「私が大好きなお二人にも、まだ出会ったことのない監督さんにも愛される、『〇〇組といえば松岡だね』と言われる女優さんになりたいなと思っています。人としても女優としても精進してまいりたいです」と思いの丈をつづる。そして松岡が出演したドラマ「コウノドリ」の原作者・鈴ノ木ユウが花束を贈った。

授賞式にはそのほかプロデューサー賞を獲得した「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」の増本淳、「半分、青い。」の勝田夏子、プロデューサー奨励賞を受賞した「カメラを止めるな!」上田慎一郎と市橋浩治、「おっさんずラブ」の三輪祐見子、貴島彩理、神馬由季、松野千鶴子らが出席した。

第43回エランドール賞 受賞作品・受賞者

プロデューサー賞

映画

増本淳「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」

テレビ

勝田夏子「半分、青い。」

プロデューサー奨励賞

映画

上田慎一郎、市橋浩治「カメラを止めるな!」

テレビ

三輪祐見子、貴島彩理、神馬由季、松野千鶴子「おっさんずラブ」

特別賞

「万引き家族」製作チーム

アクターズセミナー受賞者

島丈明、梛野里佳子、林大樹、東野絢香、牧田哲也

新人賞

志尊淳、葵わかな、田中圭、永野芽郁、中村倫也、松岡茉優

アプリで読む