Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Red Carpet Moving Pictures

死期を悟った父と息子の交流描く インドの27歳新鋭監督作『ガンジスに還る』

CINRA.NET

18/8/28(火) 12:11

映画『ガンジスに還る』が、10月27日から東京・神保町の岩波ホールほか全国で順次公開される。

同作は、自らの死期を悟り、ガンジス川の畔の聖地バラナシに行くと宣言した父ダヤ、ダヤに仕方なく付き添うことになった仕事人間の息子ラジーヴの親子と、個性的な人々との交流をユーモラスなタッチで描いた作品。安らかな死を求める人々が暮らす施設「解脱の家」に辿り着きいたダヤとラジーヴは初めは衝突しあっていたが、やがて父子の関係が和らいでいくというあらすじだ。英題は『Hotel Salvation』。

主演は『マダム・イン・ニューヨーク』などに出演のアディル・フセイン。監督、脚本は27歳のシュバシシュ・ブティアニが務めた。YouTubeでは予告編が公開中。同作は2016年に『ヴェネチア国際映画祭』ビエンナーレ・カレッジ・シネマ部門エンリコ・フルキニョーニ賞を受賞している。

アプリで読む