Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©Kidlat Tghimik

35年かけて制作、キドラット・タヒミック監督の大作『500年の航海』1月公開

CINRA.NET

18/11/9(金) 20:55

映画『500年の航海』が2019年1月下旬から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。

同作はフィリピン出身の映画監督キドラット・タヒミックの最新作。史上初の世界一周を成し遂げたとされるフェルディナンド・マゼランが実は旅の半ばで命を落としており、本当に世界一周を達成したのはマラッカ出身の奴隷エンリケだったという設定を元に、現代に蘇ったマゼランの輪廻転生の物語を描く。原題は『BalikBayan #1: Memories of Overdevelopment Redux VI』。

タヒミック監督が35年の歳月をかけて完成させた同作は、エンリケ役を監督自身が演じ、家族や友人をキャスティングして1980年ごろから撮影を開始。2015年に『第65回ベルリン国際映画祭』カリガリ賞を受賞したが、さらなる再編集を施すなど、いまなお構想は膨らみ続けているという。

映画公開にあわせてシアター・イメージフォーラムでは特集上映『キドラット・タヒミック監督特集』を開催。日程などの詳細は後日発表される。