Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ジュリアン」ポスタービジュアル

ヴェネツィア銀獅子賞「ジュリアン」公開、別れた両親の間で揺れ動く少年描く

ナタリー

18/9/11(火) 11:00

2017年の第74回ヴェネツィア国際映画祭で監督賞にあたる銀獅子賞を受賞した「Custody」が、「ジュリアン」の邦題で2019年1月25日に公開される。

本作は離婚した両親の間で揺れ動く11歳の少年、ジュリアンを主人公とした家族ドラマだ。母、姉と暮らしながら、隔週末ごとに父親と過ごす生活を送っているジュリアン。共同親権を盾に父アントワーヌは母ミリアムに会おうとするが、ジュリアンは母親を守るために必死で嘘をつき続ける。

監督は本作で長編デビューを果たしたグザヴィエ・ルグラン。彼は本作について「子供が何かを言うのではなく、何かを隠さなければならない状況を大事にした」と語っている。トーマス・ジオリアがジュリアンを演じたほか、ミリアムに「女はみんな生きている」のレア・ドリュッケール、アントワーヌに「疑惑のチャンピオン」のドゥニ・メノーシェが扮した。本国フランスでは動員40万人を超えるヒットを記録。日本ではフランス映画祭2018にて上映された。

「ジュリアン」は東京・新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次ロードショー。

(c)2016 - KG Productions – France 3 Cinema

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play