Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「透明なゆりかご」DVD-BOXのジャケット。

清原果耶が主演ドラマ「透明なゆりかご」を振り返る、DVD BOXは明日発売

ナタリー

19/1/24(木) 0:00

連続ドラマ「透明なゆりかご」DVD BOXの発売を記念して、主演・清原果耶のインタビューコメントが公開された。

2018年7月から9月にかけてNHK総合で放送された本作は、沖田×華の同名マンガをもとにしたヒューマンドラマ。小さな産婦人科医院を舞台に、清原演じる看護師見習い・青田アオイが日々命と向き合っていくさまが描かれた。清原のほか瀬戸康史、酒井若菜、マイコ、葉山奨之、水川あさみ、原田美枝子らが出演。脚本を安達奈緒子が担当した。

清原は本作の魅力を「命の尊さを、産婦人科のリアルに触れながら感じられるところです」と説明。「この作品に参加するまで、産婦人科は出産など幸せなイメージが強い場所でしたが、さまざまな事情を抱え悲しみや苦しみを感じている妊婦さんやそのご家族が訪れる場所だということを知りました。観てくださった方々が、より命の重みを感じ産婦人科について知るきっかけになる作品になっていると思います」と話す。

そして清原は「撮影当初はアオイがどんな女の子かまったくつかめませんでした」と回想。「行動の1つひとつに深い意味があるのでは、と考えてしまい苦戦しましたが、心を刺すような言葉も観ている人を驚かすような行動も、撮影が進むにつれて不思議となじんでいきました。キャストの皆さんから受け取った感情を素直に表現することを心がけました」と語った。

現場でのエピソードについて聞かれると「出産のシーンを撮るときにほとんどの確率で赤ちゃんがおしっこをしてしまいました」と述懐。「スタッフ・キャストの皆さんと『急に緊張が解けてリラックスしちゃったんだろうね!』なんて話しながら、ほほえましく撮影の準備に取り掛かって。初めはびっくりしましたけど、すぐに慣れました」と笑う。

共演した瀬戸と水川に、清原は「役同士としてだけではなく現場で私自身にも温かく接してくださいました。現場のムードメーカーのお二人にしっかりと支えていただいていたからこそ、私も迷いながらもまっすぐにアオイを演じることができました」と感謝。DVD BOXに特典として収録されている3人での座談会映像を「撮影現場の裏話を楽しくお話をさせていただいたので、そちらもぜひ観てください!」とオススメしている。

「透明なゆりかご」DVD BOXは明日1月25日に発売。

(c)2019 NHK

アプリで読む