Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

水瀬いのり(左)と「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」のオリジナルヒロイン・カスミ(右)。

「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」6月公開、水瀬いのりがオリジナルキャラの声を担当

ナタリー

19/2/2(土) 20:00

800万ダウンロードを突破したスマートフォン向けゲーム「誰ガ為のアルケミスト」が映画化。「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」として6月に公開が決定し、劇場版オリジナルキャラクターのヒロイン・永坂カスミに水瀬いのりが声を当てることがわかった。

「誰ガ為のアルケミスト」はバベルの塔を臨むバベル大陸を舞台に、“禁忌の術”として封印された錬金術を巡って、7大国家に所属する7人の主人公が活躍するタクティクスシミュレーションRPG。劇場版では「マクロス」シリーズや「アクエリオン」シリーズで知られ、原作ゲームのオープニングアニメーションを手がけた河森正治が総監督を務める。

今回発表となったヒロインのカスミは、人に気を使いすぎる引っ込み思案な女子高生。登校中にふとしたことからバベル大陸へと召喚されてしまう。収録を終えた水瀬は「物語の軸であるファンタジー要素溢れる世界の中にただ1人普通の高校生が混ざるということで、先入観をあまり持たず見るもの触れるものすべてに新鮮な反応を示すカスミを等身大の自分と重ねて演じました!」と述べている。

また河森は「ヒロインとしての華と、きめ細かな感情表現力。それが水瀬さんにカスミ役をお願いした大きな理由です」と起用理由を説明。監督を務めた高橋正典は「収録の時にカスミの第一声を聞いてスッと心の中に入って来ました」とコメントし、ゲームの原作者でありプロデューサーの今泉潤は「僕たちが作ってきた3年間をリスペクトしてくれつつ、アニメならではの新しい表現や解釈をたくさん込めてタガタメの世界観や物語により奥行きを生み出してもらえました」と喜んだ。

コメント全文は以下の通り。

水瀬いのり コメント

長くそしてたくさんの人たちに愛されている“タガタメ”、
初の劇場版でありオリジナルキャラクターということで緊張していますが、
既存のキャラクター達との掛け合いやカスミ自身の成長を演じることがとても楽しみです!
物語の軸であるファンタジー要素溢れる世界の中にただ1人普通の高校生が混ざるということで、
先入観をあまり持たず見るもの触れるものすべてに新鮮な反応を示すカスミを等身大の自分と重ねて演じました! リズさんエドガーさんとの様々な掛け合いは、どのシーンもとても熱いです!
お楽しみに!

河森正治 コメント

ヒロインとしての華と、きめ細かな感情表現力。それが水瀬さんにカスミ役をお願いした大きな理由です。
なにせ舞台は異世界の激しい戦場。そこに、自分に自信が持てない普通の高校生が召還される訳ですから、そのままいけば地味な根暗キャラになりかねません。なので、水瀬さんには事前にカスミの内に秘めた気持ちをお伝えし、迎えたアフレコ当日。そこにはまさに、「カスミ」がいました! 水瀬さんは「自分を出したくても出せない」カスミのもどかしさを、とても繊細に表現され、こちらの微妙なニュアンスのオーダーにも適確に応じて、より深く、よりイキイキと、カスミにシンクロされていきます。
そんなカスミの踏み出す小さな一歩は、創り手側である私達の心さえも揺り動かしてくれました!

高橋正典 コメント

水瀬さんには事前にカスミというキャラクターや世界観の説明をさせて頂いてから収録しています。
収録の時にカスミの第一声を聞いてスッと心の中に入って来ました。
前からこの声だったのになぜか自分には聞こえて無かっただけかのように一体となって感じたのが印象的です。
又、カスミはゲーム内の色々なキャラクターとも絡むので、キャラごとに様々な表情も出できます。
その様々な感情の起伏を水瀬さんには見事に演じて頂きました。

今泉潤 コメント

3周年を迎えた“タガタメ”。長くタガタメを楽しんでくれている皆様にどのようにしたら喜んでもらえるのか? その一つの答えが映画化でした。
ゲームのユーザーの皆様に喜んでもらえるように、7人の主人公や人気キャラがド迫力のアニメーションでどのように活躍するのか!? そして、水瀬さんが演じる普通の高校生のカスミがタガタメの世界を経験して成長していく様に共感すること間違いなしです!
河森総監督との最初の打ち合わせで約束させてもらったのは「魂の作品にすること」でした。
僕たちが作ってきた3年間をリスペクトしてくれつつ、アニメならではの新しい表現や解釈をたくさん込めてタガタメの世界観や物語により奥行きを生み出してもらえました。
大人から子供まで誰もが楽しめる「劇場版 誰ガ為のアルケミスト」どうぞご期待ください。

(c)2019 FgG・gumi / Shoji Kawamori, Satelight

アプリで読む