Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

キッド〈1921年〉

サイレント時代に作られたチャップリン初の長編映画。ロンドンの下町、男に捨てられた若い娘が、赤ん坊の処理に困ったあげく金持ちの車の中に置き去りにする。街の浮浪者チャップリンがその子を拾い育てることになる。5年後、成長した子供はキッドと呼ばれ、ハンチングに破れたセーター姿で登場。チャップリンを助け、インチキ商売に精を出す。そこへ今や人気オペラ歌手の生母が現れて、母子はめでたく再会、チャップリンとともに3人で暮らすことになる。最初に出てくる字幕“皆さんはこの映画をほほえみと、そして一粒の涙とともにご覧になるでしょう“が語るように、愛と笑いに満ちた感動作。