Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

青春の門〈1975年〉

五木寛之の大河小説『青春の門』の第1部『筑豊篇』の映画化。大正7年、北九州の筑豊炭坑。米騒動が全国に吹き荒れる時、坑夫の伊吹重蔵は、暴動の先頭に立って男をあげる。重蔵の妻は幼い信介を残して他界し、重蔵はカフェの女給・タエを後妻に迎える。だが重蔵は炭鉱内の事故で、坑夫たちを助けに行き死んでしまう。戦後、かつて重蔵とタエを張りあった竜五郎が、タエと信介の面倒をみることになる。映画は劇中の脇役の一人・小沢昭一を語り手とし、信介の成長を通して、大正・昭和史を描く。

上映情報

ジャンル
日本映画
制作年・国
1975/日本
配給
東宝映画

キャスト&スタッフ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play