Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

上田勇児 「ひびき合う土の記憶」

18/11/27(火)~18/12/10(月)

Kaikai Kiki Gallery

カイカイキキギャラリーでは、11月27日より12月10日まで、上田勇児個展「ひびき合う土の記憶」を開催する。
陶芸の里滋賀県・信楽のお茶農家に生まれた上田勇児は、日本の伝統に文字通りどっぷり浸って育った。陶芸との出会いもごく早い時期にさかのぼる。子供の頃は窯跡を遊び場にし、またお茶を商うという家業も陶芸とは切っても切り離せないものであった。2002年より高名な陶芸家である神山易久に師事し、陶芸作家としてのキャリアをスタートさせたのちに上田は釉薬を使った実験を試みるようになり、最終的には自分の穴窯を築造。以来、ひび割れや変形を美しさとして取り込む独特な作風を展開させ、ペーパーウェイトほどの大きさのオーナメントから高さ2mにもなる巨大な作品まで、様々な種類の焼き物を生み出してきた。その形状の幅広さがゆえに、作品は日本各地の小規模な小売店のみならず、ニューヨークやロサンゼルス、香港にある現代美術のギャラリーや、それらの地で開催されるアートフェアで展示される機会も得ている。
本展では、信楽・上朝宮の工房より集結した、100点を超える作家の最新作を一挙に展示。カイカイキキギャラリーでは初の個展となる。

開催情報

ジャンル
ギャラリー

11:00~19:00、日曜・月曜・祝日休廊

※12月10日は開廊

料金

無料

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play