Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

収蔵コレクション展「春爛漫」

19/2/23(土)~19/4/7(日)

長谷川町子美術館

毎年年末に京都の清水寺で発表される「今年の漢字」。昨年、平成最後の「今年の漢字」に選ばれたのは「災」だった。文字通り、昨年は地震や豪雨や酷暑など、大きな災害の続いた一年だった。自然はときどき私たちにこうした牙をむく。しかし、春になると蕾がふくらみ、花を咲かせ、私たちの心を癒してくれるのも自然だ。光と影があるように、私達がこの地球上で生活してゆくかぎり、これら自然の営みと折り合いをつけながら生きてゆくしかないのだろう。だからこそ、春を心から謳歌し、楽しんでゆけたらと思う。そして、今年も長谷川町子美術館、恒例の「春爛漫」展を開催。例年展示している三栖右嗣の「爛漫」500号を中心に、今年も館内は、さわやかな春の風が吹き渡る。
また、二階の町子コーナーでは「似たもの一家とサザエさん」を開催する。多くの方がアニメサザエさんでご存知の「伊佐坂先生」。その原典となる作品『似たもの一家』を紹介しながら、「サザエさん」との関わりを紐解く。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00〜17:30、月曜日休館(祝日の場合は翌日)

※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円、大高生500円、中小生400円

※団体20名様以上、65歳以上、障がい者手帳をお持ちの方とその介添えの方 各100円割引

出品作家

お問い合わせ

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play