Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

企画展「没後30年 城所祥展」

18/11/17(土)~19/1/14(月)

青梅市立美術館/青梅市立小島善太郎美術館

八王子市で生まれ育ち、制作を続けた版画家・城所祥(1934〜88)は、多摩地区を代表する作家であり、また同館の代表的な館蔵作家の一人である。そして本年は、日本の版画壇に確固たる存在感を示した城所の没後30年に当たり、これを記念する本展では、同館が所蔵する作品全点と、八王子市夢美術館が所蔵する作品と版木を併せて展示し、その魅力に迫る。

開催情報

ジャンル
美術館

9:00〜17:00、月曜日(12月24日、1月14日は開館)、12月25日、12月29日〜1月3日休館

※入館は閉館の30分前まで

料金

大人200円(160円)、小・中学生50円(40円)

※( )内は20名以上の団体割引料金です。
※障がいをお持ちの方と付添いの方1名(障がい者手帳をご提示ください)、青梅市内在住の65歳以上の方は無料です(免許証、保険証など住所と生年月日のわかるものをお一人ずつご提示ください)。
※青梅市内の小・中学生は土曜日無料です。

出品作家

お問い合わせ

アプリで読む