Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ある愚か者の悲劇

ベルトルッチが1981年に監督した社会派ドラマ。小さな工場を経営し、細々と生活を続ける平凡な夫婦プリモとバルバラ。彼らに息子が誘拐されるという突然の悲劇が訪れた。息子の身を案じながらも工場を手放すことにためらいをみせる。やがて左翼活動にのめり込んでいた息子自らの偽装誘拐の疑いも出始め、二人の悲しくも滑稽な苦悩が生まれる。U・トニャッツィとA・エーメが、人生にあえぐ男女の悲喜劇を熱演。ベルトルッチの重厚な演出に深みを加えている。

アプリで読む