Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

筆子・その愛/天使のピアノ

07/1/20(土)

キネカ大森にて公開

日本の福祉のために尽力した女性の実話

福祉という概念が根付いていない明治の時代に、知的障害児への教育をに取り組んだ夫を支え、日本の社会福祉の礎を築いた実在の女性、石井筆子の生涯を描く。 監督は、自らも知的障害を持つ娘の母として奮闘する山田火砂子。主人公の筆子を演じるのは、『地下鉄〈メトロ〉に乗って』の常盤貴子、その夫・亮一役には、歌舞伎界で女形として人気を集める市川笑也が扮する。

明治時代の長崎・大村で生まれた筆子は、成人して“鹿鳴館の華“と呼ばれる才媛に。その後、華族女学校での教鞭をとり、そして父の勧めで結婚と、何不自由ない生活を送っていた。だが、そんな筆子に試練が襲いかかる。