Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

クロワッサンで朝食を

18/10/13(土)~

京都シネマ

仏映画界の至宝ジャンヌ・モロー主演の感動作

本作で長編映画監督デビューを果たした、エストニアの新鋭イルマル・ラーグ監督が自身の母親の実話をベースに描いた感動作。エストニアから憧れのパリに訪れた家政婦と、孤独で気難しい老婦人が紆余曲折を経て固い絆で結ばれる様を描く。老婦人を名女優ジャンヌ・モローが、家政婦をエストニアの個性派女優ライネ・マギがそれぞれ好演した。

母を亡くし、悲しみに暮れていたアンヌの元に、家政婦の仕事が舞い込んでくる。そこでアンヌは雪深いエストニアの田舎町からパリへと赴くが、彼女を待っていたのは高級住宅で孤独に暮らす気難しい老婦人フリーダだった。しかしアンヌは諦めずに仕事を続ける。

上映情報

ジャンル
人間ドラマ 外国映画
原題
UNE ESTONIENNE A PARIS
制作年・国
2012/仏=エストニア=ベルギー
配給
セテラ・インターナショナル
ヘッド館
シネスイッチ銀座
上映時間
94分
公開日
2013/7/20(土)

キャスト&スタッフ