Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

東照宮御影 元日拝礼(德川記念財団所蔵)

春を寿(ことほ)ぐ ―徳川将軍家のみやび―

19/1/2(水)~19/3/3(日)

東京都江戸東京博物館

春、この季節の慣習として、花見や雛祭りなどを連想する日本人は少なくないだろう。こうした行事はもともと公家社会の習慣だった。それが江戸時代、とりわけ泰平の世となった中期以降には、武家社会にも浸透していった。その背景として、徳川将軍家と京都の宮家との婚礼があった。婚姻関係が結ばれることによって宮廷文化が江戸城の大奥にもたらされ、春を寿ぐ行事がしだいに江戸市中にまで広がっていったのだ。では、徳川将軍家にとっての春、そして江戸城大奥における‘みやび’とはどのようなものであったのだろうか。
本展覧会では、德川宗家に伝来する東照宮御影(元日拝礼)をはじめ、十三代将軍 徳川家定正室の天璋院篤姫と十四代将軍 徳川家茂正室の皇女和宮が所持した雛道具、江戸中後期の精緻な銀細工や豆人形などを展示。これらの作品を通して、徳川将軍家の年中行事や季節感、美意識などを味わっていただきたい。

開催情報

ジャンル
美術館

9:30~17:30、1月7日(月)・28日(月)、2月4日(月)・12日(火)・18日(月)・25日(月)休館

※土曜日は19:30まで
※入館は閉館の30分前まで

料金

一般600円(480円)、大学生・専門学校生480円(380円)、中学生(都外)・高校生・65歳以上300円(240円)、中学生(都内)・小学生以下無料

※(  )内は20名以上の団体料金。
※中・高・大学・専門学校生の方は学生証を、65歳以上の方は年齢を証明するものをご提示ください。
※次の場合は常設展観覧料が無料です。身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付き添いの方(2名まで)。
※シルバーデー(1月16日、2月20日)は、65歳以上の方は常設展観覧料が無料です。年齢を証明できるものをご提示ください。
※家族ふれあいの日(1月19日・20日、2月16日・17日)は、都内にお住まいの方で、18歳未満のお子様をお連れの保護者の方2名までの料金が半額となります。保護者が都内在住者であることを証明できるものをお持ちください。

お問い合わせ

アプリで読む