Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

向井潤吉 民家と街道

18/4/3(火)~18/8/26(日)

世田谷美術館分館向井潤吉アトリエ館

かつて江戸を基点につくられた五街道をはじめ、全国各地の街道は、明治以降の鉄道や自動車道といった交通網の整備を経て、現代の私たちの生活においても、さまざまなかたちでその名残を留めている。また、街道沿いの宿場は行き交う物や人の出会いの場として、独特の風情ある景色が醸成されていった。洋画家・向井潤吉(1901─1995)は、戦後、全国各地の草屋根民家を描くなかで、こうした歴史の重なりを感じさせる街道や宿場の風景にも数多く出会った。向井は民家を探し出す際、地図を頼りに"街道"という地名の残る土地を巡ることも多かったという。道筋に立ち並ぶ民家、木漏れ陽の道、雨に濡れた宿場の道─。いずれの作品も、山野に抱かれる民家とはまた異なる、旅情豊かな向井の感慨がこめられている。本展では、向井潤吉が描いた街道や宿場を中心に、人々の暮らしをつなぐ往来とともに描かれた民家の風景を紹介。油彩、水彩作品とあわせて、妙味あふれる旅のエッセイも楽しめる展覧会となっている。

開催情報

ジャンル
美術館

10:00~18:00(入館は17:30まで)、月曜日休館(ただし祝・休日の場合は開館し、翌日休館)

料金

一般200円、大高生150円、65歳以上/中小生100円

※小・中学生は、土・日・祝・休日、夏休み期間は無料

出品作家

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play